【萎える】ブログが検索しても出てこない理由と、やるべきこと

ブログが検索しても出てこない理由と、やるべきこと

[code_balloon position=”right” name=”悩んでる人” text=”自分のブログや記事を検索しても出てきません!
どうすればいいんでしょうか!教えて下さい。
” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/10/101_color-1-e1602070838224.jpg”] [code_balloon position=”left” name=”ゆうが” text=”こういった疑問に答えます!” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/11/yuga_Original-1.jpg”]

記事を読むメリット

  • ブログで検索しても出てこない理由がわかる
  • 検索結果に出るようにやるべきことがわかる

自分のブログや記事が検索しても出てこないと、本当に萎えますよね。
「せっかく書いたのになんででないんだ!」って。

僕もそういった経験を何回もして、ガン萎えでした。

しかし現在では検索したら出てきて、
しかも、高校 プレゼン 面白いでSEO3位に食い込んでいます。
※証拠として下記

SEO画面

なのでそんな僕が今回は、ブログが検索しても出てこない理由と、やるべきことを解説していきます。

本記事のもくじ

  • ブログが検索しても出てこない理由
  • 検索されるようにやるべきこと

それでは、さっそくいきましょう!

スポンサーリンク

ブログが検索しても出てこない理由

ブログが検索しても出てこない理由

結論は下記です。

  • 記事を書いてから時間がたってない
  • 記事にnoindexタグが入ってる

それぞれ解説していきます。

記事を書いてから時間がたってない

検索結果に出てこない理由として、これが大半です。

どういうことかと言うと、記事を更新してから時間がたたなすぎて、

Googleがあなたの記事に気づいてないということです。

つまり、「記事を書いたらすぐに検索欄に出てくる」とはならないのです。
※それはプロブロガーでも同じです。

なので、とりあえずは気長に待ちましょう。

目安としては、「3〜6ヶ月」くらいです。

「長っ!」と思うかも知れませんが、これに関しては仕方ないです。

[code_balloon position=”left” name=”ゆうが” text=”その間に他の記事も書きましょう!” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/11/yuga_Original-1.jpg”]

検索結果に出てるかの確認方法

一応確認方法として、これを検索窓に打ち込んでみてください。

site:自分のサイトのURL

これなら自分のサイトが出るはずです。

たとえば、僕の場合ですと下記の画像のように、191記事が表示されています。

google

逆にこれでないと言う場合は、記事を書いてから時間がたっていないのが原因です。

記事にnoindexタグが入ってる

noindexとは、Googleに「このページは検索結果に出さないで!」とやることです。

逆にindexというものもあり、それは「検索結果に出して!」とやることです。

確率は低いのですが、これも当てはまります。

一度WordPressの方へいき、確認してみてください。

確認方法

WordPressで「投稿」を開いて、下の方にスクロールすると、下記の画像のように「SEO対策」というのがあると思います。

wordpress画面

それでもし、その欄にnoindexにチェックが入っていたら外してください。

チェックが入っていない場合は、「記事を書いてから時間がたってない」が考えられます。

補足:noindexタグを使う場面

補足として、「noindexなんて、どういうときに使うんだよ。」と思われるので解説すると、

たとえば、

  • お問い合わせページ
  • サイトマップ
  • 404ページ

こういった価値のないページを、評価させないようにするということです。

これはSEOの知識になるのですが、簡単にいうと、Googleは価値のないページに対しては評価を低くします。

つまり、自分のブログやサイトは検索順位が下がってしまいます。

なので、そういった価値のないページをGoogleに「このページは検索結果に出さないで!」とすることで、低い評価をされないようにするということです。

スポンサーリンク

検索されるようにやるべきこと

検索されるようにやるべきこと

結論は、検索される記事を書く
これに尽きます。

検索される記事を書く

これはどういうことかと言うと、つまり、
「読者が検索してくれる記事を書く」ということです。

たとえば、

  • じゃおいがはお
  • ブログの書き方

どちらの方を読者は検索すると思いますか?

100000%後者の方ですよね。

この例は極端ですが、最初の「じゃおいがはお」で検索する人は0なんです。

なので、このように検索されるような記事を書けばいいのです。

そういった書き方は、【毎日更新している僕の】ブログの書き方のテンプレートを紹介【超シンプル】で解説しています。参考にしてみてください。

[sc_blogcard url=”https://yuuuugablog.com/blog/writing-template”]

時間がたつと検索される

[code_balloon position=”right” name=”ペルソナの悩み” text=”検索されるように記事を書いてるけど全然ダメだ!” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/10/101_color-1-e1602070838224.jpg”] [code_balloon position=”left” name=”ゆうが” text=”安心してください。
必ず検索されるようになります。” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/11/yuga_Original-1.jpg”]

たしかに検索されるように記事を書いていても、なかなか検索されないときはあります。

ですが、それは時間がたてば検索されます。
Googleも認めてくれて、検索されるようになります。

実際に僕も高校 プレゼン 面白いでSEOで3位をとっています。

なので、待ちましょう。ただただ待ちましょう。

それでは今回は以上です。
最後まで見てくださり、ありがとうございました。