「ブログ記事の文字数の目安とは?」→Google「そんなのないよ笑」

「ブログ記事の文字数の目安とは?」→Google「そんなのないよ笑」

伸びるブログや、SEOで1位取るをためには文字数が多ければ多いほど良いんでしょうか?
最低限の文字数とかもあるんでしょうか?
ブログ記事を書く際の文字数の目安を教えてほしいです。

悩んでる人

ゆうが

こういった疑問に答えます!

本記事を読んで解決できること

  • ブログ記事を書く際の文字数の目安って?
  • ブログの文字数は多ければ多いほどSEO的にもいいの?
  • 最低限の文字数はどのくらい?

こういった疑問を解決できます。

ブログを書く時に「文字数ってどのくらいがいいんだろう?」と悩んだあげく、なかなか筆が進まずブログ更新ができないことってありますよね。

そういう時に、文字数の目安ってどのくらいだろう。と考えたことありませんか?

今回はそういったブログの文字数の目安を、Google中の人の意見を引用しつつ解説していきます。

それでは前置きはこれくらいにして、さっそくいきましょう!

ブログ記事の文字数の目安とは

ブログ記事の文字数の目安とは

タイトルにもあるのですが、文字数の目安は「ない」です。

Googleの中の人が「文字数は関係ない」と言っている

理由として、もはや中の人が「検索順位を決めるのに、文字数は関係ない」と公言しているんです。根拠として下記のツイートです。

直訳すると下記。

私はあなたとミハイに同意します:)。単語数は品質を示すものではありません。一部のページには、何も言わない単語がたくさんあります。一部のページには、クエリに非常に重要で関連性のある単語がほとんどありません。あなたはあなたのコンテンツを(うまくいけば)最もよく知っていて、それが詳細を必要とするかどうかを決めることができます。

John

こちらはGoogleの中の人、ジョン・ミューラーという方が公言しています。ようするに「文字数=コンテンツの質を決めるではない」と言っています。

文字数よりも読者の悩みを解決する

文字数よりも読者の悩みを解決する

つまり「文字数が多い=良質な記事」は本質ではなく、本当に大事なのは「読者の悩みを解決できるか」です。

たとえば、ブログを読んでいて、どちらのブログ記事が良いと思いますか?

  • 自分の悩みを解決できる1000文字のブログ記事
  • 自分の悩みを解決できない10000文字のブログ記事

絶対に自分の悩みを解決できる1000文字のブログ記事の方が、読んでいて「いい記事だなー」と思いますよね。

つまり、文字数が多いか少ないかよりも、どれだけ読者の悩みを解決できるかが重要ということです。

詳しい書き方はこちら【超シンプル】読者の悩みを解決するブログ記事の書き方【マジでブログ伸びます】で解説しています。

【超シンプル】読者の悩みを解決するブログ記事の書き方【マジでブログ伸びます】【超シンプル】読者の悩みを解決するブログ記事の書き方【マジでブログ伸びます】

極論、1000文字のブログ記事でも、読者の悩みを解決できていればOKです。

文字数が多いのは、網羅性があるから

じゃーなんでSEO1位のブログ記事は、文字数が多いの?

悩んでる人

こういった疑問があると思うので答えると、シンプルに「内容に対して網羅性があるから」です。

たとえば、瞑想をやろう!という記事があったとして、もしその記事が「理由は体に良いから」という理由で終わってたら、シンプルに「なんで体に良いの?根拠は?」となりますよね。

そのため、理由に対する根拠や、その根拠のデータや証拠を説明するために文字数が多くなってしまうのです。

ゆうが

おそらくこの部分が、「文字数が多い=SEOでも上位取れる」みたいに勘違いする人が多い理由だと思います。

ここらへんは、次の項で深掘って解説します。

ブログ記事の文字数によるSEOへの影響は?

ブログ記事の文字数によるSEOへの影響は?

「とはいえ、SEOは長文記事の方が上位表示してるくね?」と思うので解説すると、先程説明したように「読者の悩みを解決している記事」のほうがGoogleは見ているので上位表示されています。

つまり、長文記事=上位表示されるではないです。

昔は長文SEO時代と言われていた

長文がSEOに効くといわれたのは、昔のSEO(2016〜2017年)は長文SEO時代といわれていたからです。参考としてプロブロガーのマナブさんの動画6:45秒で説明しています。


現在では長文SEOなどはない

しかも、現在では長文SEOはありません。それが下記。

Googleには、例えば「100語以下じゃダメ、200から500語ならOK、500語以上で画像も多ければ最高」みたいな、そんなアルゴリズムはない。Googleはそのようには見ていないんだ。
Googleはページ全体を見て、それが本当に他より優れていてユーザの検索意図にかなったものかを評価している。そんなページでさえあれば、文章の長短、画像の量などは好きにしていい。
「長文SEO」、本当に効く?/Google情報から考える文字数と対策法

このようにGoogleの人が言っているので事実です。

なので、長文=上位表示とはならないので、あまり気にしなくて良いです。それよりも読者の悩みを解決する記事を書きましょう。

文字数よりも、読者の悩みを解決しよう

文字数よりも、読者の悩みを解決しよう

本記事のまとめ
  • ブログ記事を書く際の文字数の目安って?
    ありません。
  • ブログの文字数は多ければ多いほどSEO的にもいいの?
    昔はSEO的によかったけど、現在では関係ない
  • 最低限の文字数はどのくらい
    ありません。悩みを解決できたらOKです。
  • 結論として、ブログで文字数は関係ありません。目安もありません。

    それよりも、読者の悩みを解決しましょう。これが一番ブログを書くことで重要なことです。

    Googleも昔から言っていることです。

    1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
    Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。

    Googleが掲げる10の事実

    結局は、ユーザーファーストで魂のこもった記事がGoogleからも好まれるわけです。なのでバシバシ悩みを解決していきましょう!

    そうすれば必ずあなたのブログは伸びますよ。

    それでは、今回は以上です。
    記事が参考になれば幸いです。

    最後まで見ていただき、ありがとうございました。

    本記事で紹介した記事

    【超シンプル】読者の悩みを解決するブログ記事の書き方【マジでブログ伸びます】【超シンプル】読者の悩みを解決するブログ記事の書き方【マジでブログ伸びます】