【サンプルあり】ブログのプライバシーポリシーの書き方【作る意味や設置方法も解説】

【コピペだけ】ブログのプライバシーポリシーの書き方【Adsense合格に必須】

ブログを見ているとプライバシーポリシーというページがあるんだけど、あれってどうやって作るんですか?
設置方法なども合わせて教えてほしいです!

悩んでる人

ゆうが

こういった疑問に答えます!

記事を読むメリット

  • ブログでプライバシーポリシーを作る意味、書き方、設置方法がわかる
  • ネット上でいざこざが起こらなくなり、安心してブログ運営ができる

いろいろなサイトを見ていると、少なからずにプライバシーポリシーページというのがあります。ですが、なぜあのページがあるのかわかりませんよね。

実はブログには必須なページでしてトラブルなどを回避できます。ほかにも、信頼性というSEOの面からも重要なページです。また、アドセンス審査で合格するためにも必要なページですので必ず作成するようにしましょう。

なので今回は、プライバシーポリシーの書き方や設置方法を解説していきます!

ゆうが

「とはいえ、書き方とか設置方法とかわからないよ!」って方向けにサンプルを用意してあるのでご安心ください。

プライバシーポリシーとは?作る意味

プライバシーポリシーとは?作る意味

「そもそもプライバシーポリシーってなに?作る意味ってあるの?」という方向けに解説していきます。

そもそもプライバシーポリシーとは?

結論から話すと、ブログなどのネット上で個人情報をどのように扱うのかの明記のことです。

プライバシーポリシーとは

よく、スマホゲームを始める前に「利用規約」とあってすげー長い文章ありますよね。あれのことです。

プライバシーポリシーを作る意味

「なくてもよくね?」って思うかもですが、それは絶対ダメです。理由としては2つあります。

理由1:個人情報の利用目的を伝えないといけない義務

第十八条 個人情報取扱事業者は、個人情報を取得した場合は、あらかじめその利用目的を公表している場合を除き、速やかに、その利用目的を、本人に通知し、又は公表しなければならない。

個人情報の保護に関する法律

上記のとおりでして、法律的にも伝えないといけないです。自分がサイトを見る側だとしたら自分の情報がどうやって扱われているかわからなかったら、なんか怖いですよね。だから伝えないといけません。

理由2:個人データの修正や開示をする義務

第二十七条 個人情報取扱事業者は、本人から、当該本人が識別される保有個人データの利用目的の通知を求められたときは、本人に対し、遅滞なく、これを通知しなければならない。

個人情報の保護に関する法律

こちらも同様に法律的にデータを開示する義務があります。自分から「ぼくのデータってどう扱われているの?」と深堀りすれば、こんな感じで管理してますよ。というのを開示することができます。これも何されているかわからないと不安なためですね。

つまり、2つとも法律上作らないといけないということです。

補足:免責事項とは?

補足:免責事項とは?

あと補足として免責事項についても軽くふれると、免責事項とは言葉の通り、「責任を免ずる事項」ということです。

たとえば、アフィリエイトでユーザーが商品を購入して「ゴミ商品やんけ!詐欺じゃんか!」となっても、「いやいや、ぼくは免責事項に書いてあるとおり、責任は一切とらないと言ってるので知りませんよ。」と責任をとらなくてOKということです。

そのためトラブルにもならないので、ブログを安心して運営できるということです。

ブログのプライバシーポリシーで必要な事項

ブログのプライバシーポリシーで必要な事項

結論として、ブログのプライバシーポリシーので必要な事項は下記の4つです。理由も含めて解説していきます。

  • メールやお問い合わせフォームについて
  • GoogleAnalytics
  • GoogleAdSense
  • Amazonアソシエイト

注意点として、ここらへんは自分が利用しているサービスなどについて記載するものが変わっていくので、自分で使っているサービスの利用規約などを確認して明記するようにしてください。

事項1:メールやお問い合わせフォームについて

メールやお問い合わせフォームについて

ブログにメールやお問い合わせフォームの機能がある場合は、送信された時点で個人情報を取得しています。

たとえば、下記のような感じです。

  • 名前
  • 年齢
  • メールアドレス
  • 国、県
  • 性別

こういった個人の情報を取得しているので、プライバシーポリシーで必要な事項になります。

書くべきこと
  • お問い合わせフォームなどで取得する情報を書く
  • 取得した情報をどういった用途で使うのかを書く
  • 取得した情報を適切に管理するという宣言を書く

事項2:GoogleAnalytics

GoogleAnalytics

シンプルにGoogleAnalyticsで「プライバシーポリシーを明記してください」と書いてあります。

7. プライバシー

お客様は、Google が個人情報として使用または認識できる情報を Google に送信したり、第三者によるかかる行為を支援または許可したりしないものとします。

お客様は適切なプライバシー ポリシーを用意および遵守し、ユーザーからの情報を収集するうえで、適用されるすべての法律、ポリシー、規制を遵守するものとします。お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで Cookie の使用、モバイル デバイスの識別情報(Android の広告識別子、iOS の広告識別子など)、またはデータの収集に使われる類似の技術について必ず通知するものとします。

また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても開示する必要があります。

Google アナリティクス利用規約

上記のようにGoogleAnalyticsを使う際のルールとして書いてあるので、プライバシーポリシーで必要な事項になります。

書くべきこと
  • Cookieの使用、処理される仕組みを説明する
  • GoogleAnalyticsを使用していることを説明する
  • GoogleAnalyticsで処理される仕組みを説明する

ゆうが

Cookieというのはブラウザに情報が保存される仕組みのことで、たとえば「自分が何を買ったのか」などがわかります。
ほぼ全てのwebサイトでCookieは使われています。

GoogleAnalyticsを登録していない人へ

まだGoogleAnalyticsを登録していない方は、ブログ運営では必須のツールとなりますので必ず登録しましょう。

登録方法はこちら【簡単】新しいAll in One SEOでGoogleアナリティクスを登録する方法で解説しています。

【簡単】新しいAll in One SEOでGoogleアナリティクスを登録する方法【簡単】新しいAll in One SEOでGoogleアナリティクスを登録する方法

事項3:GoogleAdSense

事項3:GoogleAdSense

こちらも先程と同じく、シンプルに「プライバシーポリシーを明記してください」と書いてあります。

サイトのプライバシー ポリシーについて

プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。

  • Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。
  • Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。
  • ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。
    第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。その点についても、次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示してください。
  • 第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることを明記します。
  • 対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。
  • これらのウェブサイトにアクセスすれば、パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることをユーザーに明示します(配信事業者や広告ネットワークがこの機能を提供している場合)。または、www.aboutads.info にアクセスすれば、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にできることを知らせます

必須コンテンツ – AdSense ヘルプ

上記のとおりでして、めちゃめちゃ長いですがようするに書くことは下記です。

書くべきこと
  • GoogleAdSenseはCookieを使用して表示する広告を決めているというのを書く
  • Cookieを使用していること、無効にできることを書く
  • クッキーを無効にする方法を、詳しくわかるようにリンクを貼って書く

わりとアナリティクスと同じような感じに書けばOKで違いは、「解除方法を説明する」という点です。

事項4:Amazonアソシエイト

事項4:Amazonアソシエイト

こちらも同様で、Amazonも「プライバシーポリシーを明記して」と書いてあります。なので記述する必要があります。

なお、Amazonアソシエイトの明記の場合はAmazon側からテンプレートが配られているのでそのテンプレート通り記述すればOKです。

乙がアソシエイトであることの表示

乙は、本規約、乙によるアソシエイト・プログラム・コンテンツの使用または本プログラムへの乙の参加に関して、いかなるプレスリリースの発行その他の発表または広告もしないものとします。

乙は、本規約により明示的に許可される以外に、甲と乙との関係について不実の表明や誇張(甲が慈善活動やその他の運動を支援、後援、支持または貢献しているという表明または暗示を含みます。)をせず、甲と乙またはその他のいかなる個人もしくは企業との間の関係または提携を表明したり暗示したりしないものとします。乙は、乙のサイト上または甲がアソシエイト・プログラム・コンテンツの表示を許可した他の場所のどこかに

「Amazon.co.jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」の文言を表示しなければなりません。甲は、この文言を適時変更することがあります。

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

最後の行の部分ですね。そちらに自分のサイト名を入力すればOKです。

書くべきこと
  • Amazonから配られているテンプレート通りに書く
  • ブログのプライバシーポリシーの書き方

    ブログのプライバシーポリシーの書き方

    こんなの難しすぎワロタ\(^o^)/どうやって書けばいいんだい?

    悩んでる人

    ゆうが

    大丈夫です安心してください。サンプルを用いて書いていきます!

    先程も説明したように運営しているブログによって書く内容は変わるので参考程度にしてください。

    実際のページを見てみたい方は、こちらの僕のプライバシーポリシーページをご覧ください。サンプルなので丸コピはNGです。

    プライバシーポリシーのサンプル例

    多くのブログに当てはまるであろうサンプルを用意しました。それが下記です。

    • メールやお問い合わせフォーム
    • GoogleAnalytics
    • GoogleAdSense
    • Amazonアソシエイト
    • アフィリエイト

    こういったツールやサービスを使っている前提で紹介していきます。

    個人情報の定義

    本プライバシーポリシーにおいて、個人情報とは生存する個人に関する情報であって、氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス等、特定の個人を識別することができるものをいいます。

    個人情報の管理

    お客様からお預かりした個人情報は、不正アクセス、紛失、漏えい等が起こらないよう、慎重かつ適切に管理します。

    個人情報の利用目的

    当サイトでは、お客様からのお問い合わせやサービスへのお申し込み等を通じて、お客様の氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス等の個人情報をご提供いただく場合があります。その場合は、以下に示す利用目的のために、適正に利用するものと致します。

    お客様からのお問い合わせ等に対応するため。
お客様からお申し込みいただいたサービス等の提供のため。
不正防止や、質問に対する回答および必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用のため
お客様からお預かりした個人情報を、個人情報保護法その他の法令に基づき開示が認められる場合を除き、ご本人様の同意を得ずに第三者に提供することはありません。

    個人情報の開示・訂正・削除について

    お客様からお預かりした個人情報の開示・訂正・削除をご希望の場合は、ご本人様よりお申し出ください。適切な本人確認を行った後、速やかに対応させていただきます。

    Cookie(クッキー)について

    Cookie(クッキー)とは、お客様のサイト閲覧履歴を、お客様のコンピュータにデータとして保存しておく仕組みです。

    当サイトでは、第三者配信事業者である「Googleアドセンス」を利用しておりますが、Cookieを使用することにより、お客様の過去のアクセス情報に基づいて、適切な広告を配信する場合があります。

    お客様はGoogle広告設定から、Cookieを使用したパーソナライズ広告を無効にすることができます。なお、Cookieに保存されている情報からお客様個人を特定することはできません。
Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

    また、当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者です。

    アクセス解析ツールについて

    当サイトは、Googleが提供するアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。Googleアナリティクスは、先程同様にCookieを使用することでお客様のトラフィックデータを収集しています。

    お客様はブラウザの設定でCookieを無効にすることで、トラフィックデータの収集を拒否することができます。なお、先程同様にトラフィックデータからお客様個人を特定することはできません。詳しくはGoogleアナリティクス利用規約をご確認ください。

    免責事項

    当サイトからのリンクやなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
    また、正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。その点についてもご確認ください。

    また、当サイトに掲載された内容によって生じた損害等も一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

    リンクについて

    当サイトのリンクは、完全リンクフリーです。被リンクする際の報告や許可などの連絡は不要です。

    プライバシーポリシー

    以上がサンプルになります。それぞれ使う部分だけつまんで書いてみてください。
    ※いろいろなサイトを見つつ、自分はどういった表記が必要なのかを確認しておきましょう。

    プライバシーポリシーページを設置する場所

    プライバシーポリシーページを設置する場所

    書き方はわかったけど、どうやって作成するの?
    そしてどこに設置すればいいの?

    悩んでる人

    ゆうが

    固定ページに作成、設置場所はブログ内(できるならフッター部分)に設置しましょう!

    詳しいやり方として、WordPressなら下記の手順でやっていきます。

    1. 固定ページにプライバシーポリシーを書く
    2. ブログ内(フッター部分)に設置する

    STEP1:固定ページにプライバシーポリシーを書く

    まずは、固定ページにプライバシーポリシーを書いていきます。

    ブログでプライバシーポリシーを設置する場所

    「設定→プライバシー」を選択して、「新規ページを作成」をクリック。

    ブログでプライバシーポリシーを設置する場所

    そしたら画像のようにプライバシーポリシーを書いていきます。

    そしたら、「公開」を押して完了です。

    STEP2:ブログ内(フッター部分)に設置する

    ひとまず書き終わったら、つぎにブログ内に先程の固定ページを設置していきます。

    ブログでプライバシーポリシーを設置する場所

    「外観→メニュー」を選択して、「位置を管理」を選択してください。

    ブログでプライバシーポリシーを設置する場所

    そしたら、「新規メニューを使用」を選択して、「フッタメニュー(ページ最下部)」にチェックを入れたら「メニューに追加」をクリックしてください。

    ブログでプライバシーポリシーを設置する場所

    つぎに、「メニューを編集」を選択して、下の方にある「フッターメニュー」にチェックをいれ、先程作ったプライバシーポリシーページを選択して追加し、保存すればOKです。

    確認のために自分のブログの下の方にいき、下記の画像のようになっていればOKです。

    プライバシーポリシーページ

    お疲れさまでした!
    以上で全て完了です!

    最後まで見てくださり、ありがとうございました。

    関連する記事

    【簡単】新しいAll in One SEOでGoogleアナリティクスを登録する方法【簡単】新しいAll in One SEOでGoogleアナリティクスを登録する方法 【初心者向け】ブログに必須な無料ツール7選を紹介【プロブロガーも使っている】【初心者向け】ブログに必須な無料ツール7選を紹介【プロブロガーも使っている】