【きちんと理解しよう】ブログで文章を正しく引用する方法

ブログで文章を正しく引用する方法

疑問を持ってる人ブログで引用をしたい人
「ブログを書く際に、引用をすると権威性が上がるからしたほうが良いとよく聞くけど、いまいちルールがわからないからできない、、、。どうやってやるか教えてほしいです。」

[code_balloon position=”left” name=”ゆうが” text=”こういった疑問に答えます!” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/11/yuga_Original-1.jpg”]

記事を読むメリット

  • ブログで正しく引用する方法がわかり、トラブルに巻き込まれなくなる
  • 正しいやり方がわかり、権威性を高め、読まれるブログになる

よくブログでアクセスを上げたいなら、「権威性を高めるために、引用を使え!」と言われますよね。

僕自身、記事を書く際に引用を使ってから徐々にですが、アクセスが上がっています。

しかし、引用には正しいルールがあるのをご存知ですか?

「詳しくはわからない」という場合は、要注意です。

なので今回は、ブログで正しく引用する方法と、注意点を解説していきます。

本記事のもくじ

  • なぜ正しく引用しないといけないのか?
  • ブログで文章を正しく引用する方法
  • 引用する際の注意点

それでは、さっそくいきましょう!

スポンサーリンク

なぜ正しく引用しないといけないのか?

なぜ正しく引用しないといけないのか?

結論としては下記です。

  • 著作権侵害で訴えられる可能性がある
  • SEO的によくない

これらが挙げられるからです。

著作権侵害で訴えられる可能性がある

シンプルに他人の文章は著作物です。

つまり著作権があるということ。
なので、それを使うということは文章であっても、作品を使うのと同じなので著作権侵害になります。

以前もこちらの【初心者向け】ブログで画像を使う際のルール【著作権侵害になる前に】でも解説しましたが、著作権侵害してしまうとかなりヤバいことになるので、引用する際には注意が必要です。

SEO的によくない

また、引用を正しくしていないとSEO側からも、「重複コンテンツ」と認識されて、検索順位を下げられてしまいます。

重複コンテンツとは、簡単にいうとコピーされた記事のことです。

つまり、悪気がなくても引用の方法を間違えたら、Googleは「重複コンテンツ」と判断して、順位を落とすということです。

以上2つが、引用を正しくしないといけない理由です。

[code_balloon position=”left” name=”ゆうが” text=”それでは、続いて正しく引用する方法を解説していきます。” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/11/yuga_Original-1.jpg”]

スポンサーリンク

ブログで文章を正しく引用する方法

ブログで文章を正しく引用する方法

結論は下記です。

  • 引用元の文章
  • 引用元のタイトルとリンク

この2つを守ればOKです。
※僕自身これでペナルティをうけていないので大丈夫です。

それでは、具体的なやり方を解説していきます。

具体的な引用方法

まずは、自分が引用したい文章を用意します。

そしたら、下記のコードをコピペしてください。

<blockquote>
<p>引用元の文章</p>
<cite><a href="”引用元のリンク”">引用元タイトル</a></cite>
</blockquote>

そしたら、上記のコードの中にそれぞれ文章や、引用元のタイトルなどを入れてください。

表示するとこんな感じになります。

引用文

引用元タイトル

これで正しい引用はOKです。

引用する際の注意点

引用する際の注意点

注意点としては下記です。

  • 必要以上に引用しない
  • 文章は修正しない

それぞれ解説していきます。

必要以上に引用しない

基本的にブログは、自分の文章がメインです。

引用というのは、あくまでも「権威性を高める」のがねらいなので、必要以上に引用しないようにしましょう。

目安としては、「自分の文章:引用=9:1」にしましょう。

文章は修正しない

よく、「この表現難しいから、修正して引用しよう」という方がいますが、

絶対ダメです。

なぜなら、ほ・う・り・つ(法律)で決まっているからです。

詳しい解説は省きますが、著作権法に「同一性保持権」というのがあり、文章を勝手に改変できないというのがあります。

なので、引用元の文章を修正してはいけないのです。

以上2つの注意点を踏まえて、引用を正しくしていきましょう。

今回は以上です。
記事が参考になれば幸いです。

それでは、最後まで見てくださりありがとうございました。