【事実】犬を飼うとかかる費用を「初期・月・年間・生涯」で詳しく解説

【事実】犬を飼うとかかる費用を「初期・月・年間・生涯」で詳しく解説

こういった方向け
  • 犬を飼うとどのくらいの費用がかかるんだろう?
  • 初期費用は?月?年間は?一生でかかる費用は?

ゆうが

こういった疑問に答えます!

本記事の信頼性

ゆうがと犬

この記事を書いているぼくは、アメリカンコッカースパニエルという犬を2年ほど飼っており、初期費用や月・年間費用についてはかなり熟知しています。

「犬を飼ってみたいけど、どのくらいの費用がかかるのか具体的に知りたい」こういった疑問は多いですよね。

とくに、これから飼ってみたいという方なら、なおさら。

そこで今回は、犬を飼うとどれくらいの費用がかかるのかを「初期・月・年間・生涯」で詳しく解説していきます。

費用に関する調査結果なども紹介するので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

犬を飼うとかかる初期費用

犬を飼うとかかる初期費用

最初にかかる費用はだいたい「4~7万円」ほどです。具体的な内容としては下記です。

具体的な内容
  • 畜犬登録(3000円)
  • 混合ワクチン(8000円)
  • 狂犬病予防(3500円)
  • マイクロチップ(5000円)
  • フィラリア予防(1000円~2000円)
  • ノミ・ダニ予防(1500円~2000円)
  • ドッグフード (3000円~6000円)
  • ペットシーツ(1500円~3000円)
  • 去勢・避妊(1万5000円~3万円)※半年後くらいに

畜犬登録

犬を飼っていることを登録するため必須です。
だいたい3000円かかります。

混合ワクチン

一回感染すると命にかかわるので、ワクチンを打つ必要があります。
約8000円前後です。

混合ワクチンは10種まであり、

  • 普段散歩するくらいなら6種(一般的)
  • 森などで野生動物と触れ合う機会が多い場合は、8種10種

参考:犬混合ワクチン | 鹿児島市紫原にあるしろくま動物病院公式サイト

狂犬病予防

狂犬病は治療法がまだないので、発症したら最後です。なので必ずやらないとダメです。
約3500円でできます。

マイクロチップ

マイクロチップを埋め込むことで、仮に迷子になったときに飼い主を特定できます。
約5000円でできます。

フィラリア予防

蚊が犬の血を吸いその時に、寄生虫が犬の体内に寄生して、最悪死に至る病気です。
約1000円~2000円でできます。

ノミ・ダニ予防

ノミ・ダニがつくと皮膚病になったりして犬の体調が悪くなるので予防します。
1500円~2000円でできます。

ドッグフード

ドッグフードはピンキリですが、だいたい1ヶ月分を購入するので、だいたい3000円~6000円くらいですかね。

ペットシーツ

ペットシーツは1ヶ月分で、だいたい1500円~3000円です。

去勢・避妊

半年後にやりますが一応、初期費用として入れました。
費用は、15000円~3万円ほど。

去勢・避妊をすると長生きしたり、ストレス軽減など健康面において良いことがあります。

とはいっても、メリット・デメリットがあるので必ずしもやるというわけではないそうです。

ゆうが

ぼくの場合は、去勢をしました。変わったことはとくにないですね。

なので、初期費用だとだいたい4万~7万円くらいですね。

犬を飼うとかかる月と年間費用

犬を飼うとかかる月と年間費用

犬を飼うとかかる月費用

結論としては、月に「12000~15000円」ほどです。具体的には下記。

具体的な内容
  • ドッグフード(6000円)
  • 犬用おやつ(1000円)
  • トイレシーツ(3000円)
  • トリミング・シャンプー(5000円)

ドッグフードのみの費用ですが、令和元年 全国犬猫飼育実態調査|全国犬猫飼育実態調査|一般社団法人ペットフード協会の調査によると、月の平均は10000円ほどだそうです。

ゆうが

ぼくはだいたい月に15000円くらいですね。(中型犬)

月の費用を安くするには?

  • トイレシーツはネットでまとめ買い
  • シャンプーは自宅でやる※初心者はやらないほうが吉

こういった感じで工夫すると、1000円~3000円は安上がりになります。

トリミングは流石にプロにやってもらいましょう。

ドッグフードを安くするのはNG

ドッグフードを安くすればいいんじゃね?と思うかもですけど、安かろう悪かろうなのでNGです。

安いドッグフードに変えて、犬の体調が悪くなったら病院で見てもらうはめになって、結局高くなります。

なので、ドッグフードを安くするのだけはNGです。

犬を飼うとかかる年間費用

結論としては、年間「20万円程度」です。

単純計算で、月費用(12000円)×12ヶ月でだすと「144000円」ほどですが、実際こんな安くないです。理由として、年間だと下記が追加されるからです。

追加でかかる費用
  • 混合ワクチン(1万5000円〜2万円)
  • 狂犬病予防(3500円)
  • フィラリア予防(5000円〜1万円)
  • ノミ・ダニ予防(1万円)

「初期費用でかかったやん」と思うかもですけど、こういったワクチンなどは年に何回かやります。

なので、こういった要素が追加されると、だいたい「年間20万円」ほどかかりますね。
ぼくもこのくらいですね。

他にも犬がケガをしたり、病気になったら更にかさみますので、それも頭に入れておくといいですよ。

平均は338,561円

ちなみに、こちらペットにかける年間支出調査 2020|アニコム ホールディングス株式会社のプレスリリースの調査結果によると、「年間平均338,561円」となっています。

上記は、ペットのしつけ料や保険料なども入っているので高くなっていますね。
参考程度にとどめておくといいかもです。

スポンサーリンク

犬を飼うとかかる生涯費用

犬を飼うとかかる生涯費用

こちらも、さきほど紹介した令和元年 全国犬猫飼育実態調査|全国犬猫飼育実態調査|一般社団法人ペットフード協会によると、生涯費用の平均は「200万円」となっています。
※14歳まで生きるとしての費用になります。

ちなみに、小型~大型までのすべての平均が200万円となっています。

生涯費用は人それぞれ

とはいえ、生涯費用に関しては、本当に人それぞれとしか言いようがないのです。たとえば、

  • ペット保険やしつけ教室に通っている人
  • トリミングなどの美容に力を入れている人
  • 健康に気をつけるために定期期に健康診断をしている人

このように、三者三様なので参考程度にとどめておくといいです。

ゆうが

ぼくの場合は犬用の服とかドッグフード代に力を入れています。なので生涯費用は正直、想像がつきません。

まとめ:犬を飼うとかかる費用「初期・月・年間・生涯」

まとめ:犬を飼うとかかる費用「初期・月・年間・生涯」

本記事のまとめ
  • 初期費用
    だいたい「4~7万円」
  • 月費用
    だいたい「12000円~15000円」
  • 年間費用
    だいたい「20~34万円」
  • 生涯費用
    だいたい「200万円」

人によってかかる費用は違うのですが、目安としては上記の金額になります。

もうちょっと工夫をして、健康に気をつけたり自分でできることは自分でやったりすれば、もうちょっと安くなるかもです。

こちら『【全48項目】犬の飼い方・しつけ・ごはんなど全てを徹底解説【体験談あり】』の記事を全体的に見れば、犬の飼い方を把握できて、良いスタートダッシュを切れますよ。

それでは今回は以上です。
記事が参考になれば、シェアなどしてもらえると大変励みになります。<(_ _)>

最後まで見てくださり、ありがとうございました。