【本音】犬を飼うメリット5つ・デメリット5つを紹介【2年飼ってわかったこと】

【本音】犬を飼うメリット5つ・デメリット5つを紹介【2年飼ってわかったこと】

こういった方向け
  • 犬を飼うメリット・デメリットを知りたい
  • メリット・デメリットを知って犬を飼おうか決めたい

ゆうが

こういった方は本記事を読めばOKですよ。

本記事の信頼性

ゆうがと犬

この記事を書いているぼくは、アメリカンコッカースパニエルという犬を2年ほど飼っているので、メリット・デメリットはかなり熟知しています。

そんなぼくが実際に犬を2年ほど飼ってみての、正直なメリット5つ・デメリット5つを紹介していきます。

本記事を読んだあとは、犬を飼おうかどうかを決めれるようになりますよ。

スポンサーリンク

犬を飼うメリット5つ

犬を飼うメリット5つ

結論として、メリットは下記の5つ

  • めちゃくちゃ癒しになる
  • 散歩をするから健康になる
  • 犬トークで盛り上がれる
  • 部屋がキレイになる
  • 命の大切さを知れる

1. めちゃくちゃ癒やしになる

ぶっちゃけこれが一番のメリットですね。
とにかく、犬を飼うと、毎日死にそうなくらい疲れていても一瞬で疲れが飛びます。

そのくらい癒やしになるのが犬ですね。

「癒やしがほしいな」とか、「毎日ストレスが溜まっている」という方は、まじで犬を飼えばその悩みは消えますよ。

そのくらい癒やしになります。

2. 散歩をするから健康になる

犬を飼うと毎日散歩するようになります。
そうなると、運動習慣につながって健康になりますよ。

犬種にもよるのですが、だいたい散歩は、1日に2回、20~30分程度するのでかなりいい運動になります。

「最近運動できてないんだよな」って方は、犬を飼うことで強制的に散歩をせざるを得ないので健康になりますよ。

3. 犬トークで盛り上がれる

シンプルに犬を飼うと、犬トークで盛り上がれます。

たとえば、飲み会の席などで

「〇〇ちゃんって犬好き?」
「うん!犬好きだよ!とくにトイプードルとかめちゃくちゃ好き!」
「お!まじで?俺もトイプードル好きで飼ってるんだよね!(写真を見せる)」
「えーかわいい!今度会いたいなー!!」
「じゃー今度さ、散歩一緒にしない?」
「いいよ!散歩一緒にしよ!」

こんな感じで犬トークで盛り上がれます。
上記のようにならなくとも、とりあえず話のネタにはなりますし、あるある話とかで盛り上がれます。

4. 部屋がキレイになる

犬は何でもかんでも噛んだり壊したりするので、前もって部屋をキレイにするという習慣が身について、部屋がキレイになりますよ。

ぼくの部屋

実際にぼくの部屋は汚かったんですが、犬を飼うとなったときにはめちゃくちゃキレイにして、無になりました。

5. 命の大切さを知れる

犬種にもよるのですが、犬の寿命は10年~15年と言われています。
そのため、「短い命を大切にしよう」と考えられて、命の大切さや尊さを知ることができます。

犬を飼うデメリット5つ

犬を飼うデメリット5つ

結論として、デメリットは下記の5つ

  • めちゃくちゃお金がかかる
  • 散歩がめんどくさくなる
  • 家のものを荒らされる
  • 最初は仕事に手がつかなくなる
  • しつけができてないとイライラする

1. めちゃくちゃお金がかかる

犬を飼う一番のデメリットは、めちゃくちゃお金がかかるということです。

まず、初期費用として下記。

内容おおよその料金
畜犬登録3,000円
狂犬病予防注射3,500円
混合ワクチン接種1万5,000円〜2万円(病院による)
去勢・避妊1万5,000円〜2万円(病院による)
犬用品(ごはんやゲージなど)30,000円~

この時点で、5~7万円かかります。さらに、ごはんやペットシーツなどの消耗品を買うとなると、年間で20万~30万円かかります。

このようにめちゃくちゃお金がかかるというのが、デメリットですね。

2. 散歩がめんどくさくなる

散歩は運動習慣につながって健康になるといいましたけど、毎日となると、わりとめんどくさくなってきます。

毎日同じ道を同じ時間帯に散歩するとなると、なんだか億劫になってきます。

おそらくこれに関しては個人差があると思います。

ゆうが

ぼくの場合は運動することが好きなので散歩は全然めんどくさいとはなりませんね。

3. 家のものを荒らされる

さきほども言ったように、犬は何でもかんでも噛んだり壊したりします。そのため家のものを荒らされます。

たとえば、ぼくの場合だと、

  • ソファー
  • ベッド
  • イス
  • くつ下
  • クッション
  • スリッパ

こういったものを、ボロボロにされたりしましたね。
あと、ベッドのシーツとかにもおしっこをかけられたことがありますね。笑

そのくらい、荒らされます。

4. 最初は仕事に手がつかなくなる

子犬は赤ちゃんと同じく何もできません。
なので毎日「大丈夫かな?」「ちゃんとごはんは食べてくれてるかな?」と、考えるようになって仕事に手がつかなくなります。

育ってきて慣れてくると全然大丈夫なんですけど、最初のほうは心配性になって仕事に手がつけられなくなります。

ゆうが

ぼくもバイトしてたときは休憩が1時間しかないんですけど、犬のことが心配すぎて様子をみに家まで帰ってましたね。

5. しつけができてないとイライラする

しつけができてないとだんだんイライラしてきます。たとえば

  • ずっと吠える
  • マテ、オスワリをするまえにごはんを食べる
  • ごはんを食べている時に、テーブルに乗っかってくる
  • 散歩してるときに車を追いかける
  • 「ダメ!」と言ってもやめない

こんな感じで、しつけができてないと本当にイライラしてきます。

とくに、「ずっと吠える」とかはノイローゼになりますよ。

おそらく、育児をされている方は慣れていると思うので多少は大丈夫かもですけど、育児をしたことない人からしたらイライラしちゃいますね。
とはいえ、体罰とかは絶対ダメですよ。

スポンサーリンク

まとめ:犬を飼うメリット5つ・デメリット5つ

まとめ:犬を飼うメリット5つ・デメリット5つ

本記事のまとめ
犬を飼うメリット5つ

  1. めちゃくちゃ癒しになる
  2. 散歩をするから健康になる
  3. 犬トークで盛り上がれる
  4. 部屋がキレイになる
  5. 命の大切さを知れる

犬を飼うデメリット5つ

  1. めちゃくちゃお金がかかる
  2. 散歩がめんどくさくなる
  3. 家のものを荒らされる
  4. 最初は仕事に手がつかなくなる
  5. しつけができてないとイライラする

犬を飼うと癒されたりと良い反面、めちゃくちゃお金がかかったり家のものを荒らされたりと悪いこともあるので、きちんと知って飼うor飼わないを検討するようにしましょう。

犬を飼おうか迷っている方は、一度こちら『【全48項目】犬の飼い方・しつけ・ごはんなど全てを徹底解説【体験談あり】』を読んでおくと、犬の飼い方がわかりきちんと育てることができますよ。

それでは、今回は以上です。
記事が参考になれば幸いです。