【もう安心】犬が夜鳴きするときの原因別の対策方法【体験談あり】

【もう安心】犬が夜鳴きするときの原因別の対策方法【体験談あり】

こういった方向け
  • 犬の夜鳴きの対策方法を知りたい!
  • 犬の夜鳴きの対策方法を原因別に教えてほしい
  • 犬の夜鳴きをうまく対策して、自分の心を痛くしたくない!

ゆうが

こういった方は本記事を読めばOKですよ。

本記事の信頼性

ゆうがと犬

この記事を書いているぼくは、アメリカンコッカースパニエルという犬を2年ほど飼っており、子犬のころに夜鳴きをしていましたが、無事に対策することができました。

犬の夜鳴きってかなり心が痛くなりますし、シンプルにうるさかったりしますよね。

とくに犬を飼ったばかりの方は、心が痛すぎたり心配になったりして眠れない日がつづくということはありませんか?

ゆうが

ぼくなんて犬を飼う素人ですから「くーんくーん」とワンコが夜鳴きしたら、「うわー心が痛い!たぶん俺を呼んでる!助けてあげないと!」とすぐさま駆けつけていました。当然、寝不足です。

そこで本記事では、専門家の記事を参考にして、犬の夜鳴きの対策方法を原因別に紹介していきます。

本記事を読んだあとは、犬の夜鳴きを対策することができ、心配することなく過ごせるようになりますよ。

スポンサーリンク

犬が夜鳴きする原因とは

犬が夜鳴きする原因とは

主な原因としては4つほどあります。それが下記。

  • 寂しい
  • 認知症
  • 体の不調
  • 生活環境の問題

原因1. 寂しい

夜鳴きをするいちばんの原因は、寂しいからです。

たとえば、こちらの記事「犬の夜鳴き」どうすればいい? 原因と対策は?では、夜鳴きの88%が寂しさや不安でしているとデータで証明されています。

理由としては、母犬がいなくなったり、一人で過ごすということに不安に感じてしまうからです。

原因2. 認知症

老犬にかぎりますが、認知症も夜鳴きをする原因としてはかなり多いです。

たとえば、おなじくこちらの記事「犬の夜鳴き」どうすればいい? 原因と対策は?では、夜鳴きの98%が認知症でしているとデータがあります。

MEMO
老犬で夜鳴きをしている場合は、認知症かもしれないので病院にいきましょう。

原因3. 体の不調

体が痛かったり異常があったりして夜鳴きをすることもあります。

犬

たとえば、「キャン!」といつもと違う吠え方をしたらケガをしている可能性がありますね。

原因4. 生活環境の問題

「お腹が空いた」「暑い・寒い」「トイレにいきたい」「のどかわいた」など、犬の生活環境の問題で夜鳴きをすることもあります。

おなじくこちらの記事「犬の夜鳴き」どうすればいい? 原因と対策は?では、夜鳴きをする56%はお腹が空いているからとデータがあります。

ゆうが

たとえば、ぼくのワンコは夜鳴きしていて、朝みたらケージにうんちがありました。なので臭くてストレスだから夜鳴きをしていたんだなと思います。

犬の夜鳴きの対策方法【原因別】

犬の夜鳴きの対策方法【原因別】

結論としては、下記の4つです。

  • 寂しい⇨犬の近くで寝る
  • 認知症⇨病院にいく
  • 体の不調⇨病院にいく
  • 生活環境の問題⇨生活環境の見直し

それぞれ詳しく解説していきます。

対策1:寂しい⇨犬の近くで寝る

寂しいときの夜鳴きの対策方法としては、犬の近くで寝ることです。

理由として、犬は一人でいるのが寂しいわけですから、シンプルに近くにいればいいのです。

具体的な対策方法としては下記の2つ

  • ケージの前に布団をしいて寝る
  • ケージごと寝室にもってきて寝る

上記2つのどれかをすれば対策としてはOKです。

犬とは別々に寝るようにしよう

とはいえ、犬とは別々に寝ることをおすすめします。

理由としては、分離不安症を引きおこしたり、一人で寝れなくなる可能性があるからです。

分離不安症とは
飼い主と離れてしまうことで不安をきたして、体調を崩したり問題行動を起こすこと

こういったことが起こると、ペットホテルにあずけることができなくなったり、留守番できなくなります。

なので、犬とは別々に寝ることをおすすめします。

犬と別々に寝る方法

ぼくが実際にやっていた方法としては下記です。

手順1
寝る時間になったらゲージに入れる
手順2
自分もゲージの前で寝る
手順3
だんだんゲージからの距離をあけていく
1日1メートルづつ離れれいきます。
手順4
次第に姿を消していく
手順5
最終的に自分の部屋で寝る

すごくシンプルなんですけど、まじで犬と別々に寝れるようになりますよ。

ゆうが

ぼくの場合は、1~2週間ほどたったころには夜鳴きは完全にしなくなりましたね。

対策2:認知症⇨病院にいく

老犬にかぎりますが、ずっと夜鳴きをしている場合はさっきのデータのとおり、高い確率で「認知症」なので病院にいきましょう。

対策3:体の不調⇨病院にいく

犬が不調の場合で夜鳴きしているときの対策方法としては、病院にいくことです。

シンプルに体調不良なのは、自分ではどうにもできないので獣医師さんにみてもらいましょう。

あとは日頃から犬を観察する

体の不調があってからでは、時既に遅しです。

ですが、そもそも不調がないように日頃から犬を観察するようにすれば、体調不良になるのも防げます。たとえば、

  • 歩き方はおかしくないか
  • ごはんはきちんと食べてるか
  • 体をさわってみて異常はないか、痛がらないか

こんな感じに日頃から観察すれば、体の不調がおきるのを防ぐことができます。

対策4:生活環境の問題⇨生活環境の見直し

生活環境に問題があって夜鳴きをしている場合は、シンプルに生活環境の見直しをしましょう。

たとえば、項目としては、

  • ごはんは適切な量か
  • 栄養のあるごはん(ドッグフード)か
  • 運動量は適切か
  • 部屋の湿度・温度は適切か
  • 犬が寝るまえにトイレはしたか
  • ケージの大きさは適切か

こんな感じで、生活環境を見直せば、夜鳴きの対策としてはOKです。

アメリカンコッカースパニエル

ぼくも運動量(散歩の時間など)を見直したら、ワンコがぐっすり寝てくれて夜鳴きをしなくなりましたよ。

それぞれの改善方法は、べつの記事で解説しているので参考にしてみてください。

適切なごはんに関して

適切な運動量に関して

適切な部屋の湿度・温度に関して

犬のトイレに関して

スポンサーリンク

犬の夜鳴きで心を痛くしない1つの方法

犬の夜鳴きで心を痛くしない1つの方法

夜鳴きの対策方法を紹介しましたけど、それでも無理なときは無理です(認知症や体調不良を除く)。

かまってほしかったりするので、夜鳴きをやめません。

そういうときの夜鳴きを対策する方法としては「無視をすること」です。
参考:犬の夜泣きが酷い、防止するシツケのやり方

ですが、「くーんくーん」と鳴いているときに無視をしていると、だんだん心が痛くなりますよね。

そこで、犬の夜鳴きで心を痛くしない1つの方法を紹介していきます。

結論としては、耳栓などをして寝るです。

耳栓などをして寝る

めちゃくちゃシンプルなんですけど、いちばん心を痛くしません。

理由として、夜鳴きの「くーんくーん」を聞こえなくすれば心が痛くならないからです。

そもそも夜鳴きを聞かないという対策方法ですね。

ゆうが

ぼくはAirPods proのノイズキャンセリング(周りの音を消す)を使って寝ました。夜鳴きが聞こえないので心が痛くなりませんでしたね。

1~2週間もすれば夜鳴きをやめる

1~2週間だけ耐えれば、あきらめて夜鳴きをやめてくれます。

アメリカンコッカースパニエル

実際にぼくのワンコも1~2週間たったころに夜鳴きをやめてくれました。

なので、心を痛くしない1つの方法として、耳栓などをして寝るです。

まとめ:犬の夜鳴きの対策方法

まとめ:犬の夜鳴きの対策方法

本記事のまとめ
  • 寂しい⇨犬の近くで寝る
  • 認知症⇨病院にいく
  • 体の不調⇨病院にいく
  • 生活環境の問題⇨生活環境の見直し

今回は、犬の夜鳴きの対策方法を原因別に紹介していきました。

原因別に対策することで、夜鳴きをやめさせることができますよ。

それでも夜鳴きをやめない場合は、無視するようにしましょう。でも心が痛くなるので耳栓などをして寝ればOKですよ。

ハウスのしつけをすると効果的

また、ハウスのしつけができたくらいから夜鳴きがなくなりましたね。

なので、ハウスのしつけがまだ終わってない方は、こちら『【簡単】犬のハウスのしつけのやり方【これが正しい方法です】』で解説しているので参考にしてみてください。

【簡単】犬のハウスのしつけのやり方【これが正しい方法です】【簡単】犬のハウスのしつけのやり方【これが正しい方法です】

一人前の飼い主になりたい方へ

こちら『【全48項目】犬の飼い方・しつけ・ごはんなど全てを徹底解説【体験談あり】』では、ぼくが一人前の飼い主になるために必要な知識をまとめました。

かなり具体的に解説しているので、この記事を読めば一人前の飼い主になることができますよ。

【全48項目】犬の飼い方・しつけ・ごはんなど全てを徹底解説【体験談あり】【全48項目】犬の飼い方・しつけ・ごはんなど全てを徹底解説【体験談あり】

本記事で紹介した記事

適切なごはんに関して

適切な運動量に関して

適切な部屋の湿度・温度に関して

犬のトイレに関して

それでは今回は以上です。

最後まで見てくださり、ありがとうございました。