【簡単】犬のごはんのしつけのやり方【たった3つの手順】

【簡単】犬のごはんのしつけのやり方【たった3つの手順】

こういった方向け
  • 犬にごはんをあげるときのしつけをしたい
  • いつまでにやればいいのかも知りたいな

ゆうが

こういった方は本記事を読めばOKですよ。

本記事の信頼性

ゆうがと犬

この記事を書いているぼくは、アメリカンコッカースパニエルという犬を2年ほど飼っており、ごはんのしつけのやり方を知っています。

「犬のごはんのしつけって難しそう」と思っていませんか?

そこで今回は、「ごはんのしつけ難しそう」と思っている人ほど簡単にできる、犬のごはんのしつけのやり方を3STEPで解説していきます。

本記事を読んだあとは、正しく、簡単にごはんのしつけをすることができますよ。

スポンサーリンク

犬のごはんのしつけはいつまでにやればいいの?

犬のごはんのしつけはいつまでにやればいいの?

具体的な「しつけ」に入るまえに、そもそもいつまでにごはんのしつけをすればいいのかを紹介します。

結論としては、子犬の頃までにしてください。

理由としては、2つあります。

  • 成犬になると言うことを聞かなくなる
  • クレイジー・セブンス・マンス(反抗期)がくる

理由1. 成犬になると言うことを聞かなくなる

成犬(大人の犬)になると、本当に言うことを聞かなくなります。

ぼくの体験談なんですけど、悪いことをして「ダメ!」と言っても、まじで聞く耳を持たなくなって言うことを聞きません。

おそらく、犬を飼っている方なら言うことを聞かなくなるというのは、共感できるかと思います。

理由2. クレイジー・セブンス・マンス(反抗期)がくる

2つ目に、クレイジー・セブンス・マンス(反抗期)が、生後4~6ヶ月頃にくるからです。

このように反抗期になると

  • 言うことを聞かなくなったり
  • 警戒心が強くなったり

と、しつけをする状態じゃなくなるからです。

なので2つの理由から、ごはんのしつけは、子犬の頃までにしましょう。
※ごはんだけでなく、トイレや散歩のしつけも、子犬の頃までにやるといいですね。

犬のごはんのしつけのやり方【たった3つの手順】

犬のごはんのしつけのやり方【たった3つの手順】

では、ごはんのしつけの簡単なやり方を、具体的に3つの手順を解説していきます。

ゆうが

ぼくが実際に行った方法と、ドッグトレーナーの方の記事も参考にして解説していきます。

手順1. オスワリを覚えさせる

はじめに、しつけの基本となる「オスワリ」を覚えさせることで、犬の飛びつきを防止したり、コントロールしやすくさせます。

オスワリのやり方

手順1
犬の目の前に立つ
手順2
手にドッグフードを握って匂いを嗅がせる
手順3
犬の頭のうしろに手をもっていく
この時点で、自動的に犬は「オスワリ」の姿勢になります。
手順4
エサをあげて、めちゃくちゃ褒める
手順5
手順4まで慣れたら、「オスワリ!」と言ってオスワリさせる

上記のとおりにやれば、確実に「オスワリ」させることができますよ。

ゆうが

オスワリに関しては、きちんと手順通りやれば簡単にできますよ。

手順2. マテを覚えさせる

マテを覚えさせることで、オスワリと同じく飛びつきの防止、落ち着かせつという効果があります。

マテのやり方

手順1
手にドッグフードを握って匂いを嗅がせる
手順2
オスワリさせる
手順3
自分の立っている位置から、1歩ほど後ろにさがって「マテ」という
このときに動いてしまったらもう一回オスワリさせて再開しましょう。
手順4
待つことができたら、エサをあげて、めちゃくちゃ褒める

マテに関しては、かなり回数をこなさないとできなと思うので、根気強くやりましょう。

手順3. ヨシを覚えさせる

ヨシを覚えさせることで、「マテ」や「オスワリ」で我慢したご褒美となるので、言うことを聞くようになります。

ヨシのやり方

手順1
手にドッグフードを握って匂いを嗅がせる
手順2
オスワリをさせる
手順3
自分の立っている位置から、1歩ほど後ろにさがって「マテ」という
手順4
待つことができたら、「ヨシ!」と言って、ごはんをあげる

ヨシに関しても、マテと同じように何回もやることで覚えるので、根気強くやりましょう。

上記の3つができるようになったら、ドッグフードを皿に移して、「オスワリ⇨マテ⇨ヨシ」の順で食べさせてあげましょう。

これで、犬のごはんのしつけはOKです。

ゆうが

はじめは大変ですけど、子犬の頃からやってると簡単に、必ずできるので毎日コツコツとがんばりましょう。

まだドッグフードを買っていない方は、こちら『【5つだけ】子犬用のドッグフードの選び方【おすすめのドッグフードも紹介】』で解説しているのでお読みください。

スポンサーリンク

犬のごはんのしつけでの注意点3つ

犬のごはんのしつけでの注意点3つ

結論としては、下記の3つです。

  • 威嚇されてもごはんをあげない
  • テーブルからは食べ物を与えない
  • ごはんを残したらすぐ片付ける

注意点1. 威嚇されてもごはんをあげない

マテと言うと、「ウー」と威嚇して唸るときがあります。
そのときに怖いからごはんをあげちゃおうと思うかもですけど、ごはんをあげないようにしてください。

理由として、ごはんをあげてしまうと「ウーと言ったらごはんをくれるんだ」と思ってしまうからです。

なので、きちんとマテができるまでは、威嚇されてもごはんはあげないようにしてください。


注意点2. テーブルからは食べ物を与えない

犬ってめちゃくちゃかわいいから、食べれるものならなんでもあげたくなるんですよね。

ですけど、テーブルからは食べ物を与えないようにしてください。
理由としては、テーブルからあげると毎回おねだりしたり、盗み食いしにくるからです。

ゆうが

ぼくの友達の犬は、おでんを盗み食いしにきましたね。

なので、テーブルからは食べ物を与えないようにしましょう。

MEMO
与えたいときは、きちんと犬のお皿に移して食べさせましょう。

注意点3. ごはんを残したらすぐ片付ける

なかには、ごはんを残す子犬もいます。そういったときはすぐに片付けましょう。

理由としては、好きな時間にごはんを食べれると思ってしまい、「オスワリ・マテ・ヨシがなくてもご褒美があるんだ」となるからです。

こうなると、言うことを聞かない犬になるので、ごはんを残したらすぐに片付けましょう。

まとめ:犬のごはんのしつけのやり方

まとめ:犬のごはんのしつけのやり方【たった3つの手順】

本記事のまとめ
  • 「オスワリ」をさせる
  • 「マテ」をさせる
  • 「ヨシ」でごはんを食べさせる

今回は、犬のごはんのしつけのやり方を3つの手順で解説しました。

はじめは言うことを聞かなかったりして大変ですが、少しづつ練習することで、必ず「オスワリ・マテ・ヨシ」ができるようになりますよ。

犬の飼い方を学びたい方へ

こちら『【全48項目】犬の飼い方・しつけ・ごはんなど全てを徹底解説【体験談あり】』を読んでおくと、しつけの大まかなやり方や、健康管理方法などがわかります。

あなたも、立派な飼い主になることができますよ。

それでは今回は以上です。

最後まで見てくださり、ありがとうございました。