【要注意】犬も夏バテするの?見逃してはいけないサインや対処法を解説

こういった方向け
  • 犬が夏バテになる原因を知りたい
  • 犬が夏バテになってるときのサインを知りたい
  • 犬が夏バテになったときの対処法を知りたい

ゆうが

こういった方は本記事を読めばOKですよ。

本記事の信頼性

この記事を書いているぼくは、本記事を書くにあたって犬の専門家のサイトを読みあさって正しい情報かを判断したうえで執筆しています。
※記事後に参考にしたサイトのリンクを貼っています。

「うちのワンコ、最近元気ないんだよね。前は食欲旺盛でドッグフードをバクバク食べてたのに今じゃ全然食べてくれない…。」こういった経験って犬を飼っている方なら一度はありますよね。

もしかしたらそれは「夏バテ」かもしれません。

とくに夏場になって、食欲がない元気がないという場合は夏バテの可能性があります。

「いやいや、犬が夏バテなんてならないでしょ。」と思っていたら要注意です。犬でも夏バテになります。そして、みなさんが見逃しがちなサインが実はあります。

そこで本記事では犬の専門家の記事をもとに、犬の夏バテについて原因や対処法をくわしく解説していきます。

ゆうが

ぼくが日頃から気をつけていることや、ワンコが実際に夏バテになったときに対処した方法も紹介していきます。

スポンサーリンク

犬が夏バテになる原因とは

犬が夏バテになる原因とは

犬が夏バテになる原因としては2つほどあります。それが下記。

  • 汗腺がなく呼吸でしか放熱できないから
  • 被毛が多く暑さに弱いから

原因1:汗腺がなく呼吸でしか放熱できないから

人は皮膚に汗腺があるので汗をかいて放熱できます。しかし犬には皮膚に汗腺がありません。そのため、「ハアハア」と口でしか放熱できず間にあわないため夏バテになりやすいのです。※1

ゆうが

厳密には肉球に汗腺はありますが、体温調節の意味では役に立たないそうです。

原因2:被毛が多く暑さに弱いから

ワンちゃんを見てみるととにかく毛の量が尋常じゃないですよね。そのため体温がこもりやすいので夏バテになります。とくにダブルコート(2重構造の毛)の犬は夏バテになりやすいです。

アメリカンコッカースパニエル

ぼくの飼っているアメリカンコッカースパニエルという犬種もダブルコートなので夏バテになりやすいですね。

犬が夏バテになってるときのサイン

犬が夏バテになってるときのサイン

犬が夏バテになってるときのサインとしては下記です。

  1. 食欲がない
  2. 食べるスピードが極端に遅い
  3. 便秘や便がゆるい
  4. じっとしていて、ハアハアしている
  5. 元気なさそうにしている
  6. 散歩に行こうとしない
  7. 寝てる時間が長い

このなかでもとくに夏バテが疑われるサインは①、③、⑤です。※2
この時点でどれも当てはまっていたら、夏バテの可能性が大なのですぐにかかりつけの動物病院へ行きましょう。

ゆうが

ぼくのワンコも夏場に食欲がなかったことがありました。夏バテっぽかったですね。

夏バテと熱中症の違いと見分け方

熱中症は、数十分~数時間のうちに症状があらわれて体調が激変します。※3ほかにも散歩のペースが落ちたり、舌が赤い、水をがぶ飲みするなどの症状があらわれます。

スポンサーリンク

犬が夏バテになったときの対処法3つ

犬が夏バテになったときの対処法3つ

ワンちゃんが夏バテになったときの対処法は次の3つです。

  1. とにかく水分補給&栄養補給
  2. 温度管理を徹底する
  3. 動物病院に連れていく

対処法1:とにかく水分補給&栄養補給

夏バテになったら、とにかく水分と栄養を補給させてください。理由として「ハアハア」すると体内の水分が多く消費されて脱水症状になるからです。※4

また栄養補給もしないとカロリー不足で健康を害します。ですので、とにかくとにかく水分補給&栄養補給させましょう。

水分+栄養補給ができるブッチがおすすめ

「とはいえ、食欲がないときはどうすればいいのか…。」と悩みますよね。そこでぼくは、ブッチをおすすめします。

理由としては、水分+栄養補給が同時にできるからです。しかも食いつきがいいので食欲がないワンちゃんでもバクバクと食べてくれます。

アメリカンコッカースパニエル

実際にぼくのワンコも食欲がないときにあげたらバクバクと食べて、みるみる体調が良くなりましたよ。

詳しいレビューはこちらでしています。

【レビュー】愛犬に「ブッチドッグフード」をあげたら爆食いしたよ!【体調がすこぶる良い】

対処法2:温度管理を徹底する

エアコンの温度は冷房28℃あたりが最適だそうです。※5サーキュレーターなど風を循環させてあげるのも効果的です。

注意

部屋の温度を低くしすぎると、ぎゃくに体調が悪くなるので温度は低すぎないようにしましょう。

対処法3:動物病院に連れていく

紹介した2つの対処法が効かない場合、夏バテ以外の病気かもしれないので動物病院へ連れていきましょう。結局、動物病院に連れていくのが手っ取り早い対処法です。

犬の夏バテ対策:日ごろから心がけていること5つ

犬の夏バテ対策:日ごろから心がけていること5つ

ここでは犬が夏バテにならないように日頃から対策するべきことを紹介していきます。

ゆうが

また、ぼくは夏バテになりやすいアメリカンコッカースパニエルという犬を飼っています。そこでぼくや家族が日頃から気をつけていることも紹介していきますね。

対策①:水分をとらせる

とにかく水分をとらせましょう。さきほども説明したように犬は暑さが苦手で水分がないと脱水症状になります。

ぼくは散歩するときに下記のようなペットボトルを持って、常に水分補給させてますね。

対策②:温度管理を最適にする

犬はとにかく暑さが苦手なので、さきほども説明したように部屋の温度を冷房28℃にしましょう。電気代がもったいないからと言って網戸にするのはだめですよ?

対策③:日中に散歩はしない

日中はとにかく暑いので夏バテになりやすいです。またアスファルトが爆熱になって肉球を傷めるので日中に散歩しましょう。

ゆうが

ぼくは夏場は19時ごろに家族と一緒に散歩をしてますね。

対策④:いつもより散歩時間は短くする

散歩はいつも20分ほどしてますが、夏場は暑いので15分ほどにして切り上げています。その後は室内で遊んだりしてます。

対策⑤:氷をあげる

以外かもですが氷をあげるのも効果的です。理由として素早く体温を下げれるからです。

注意

注意点として子犬や小さすぎる氷はのどにつまらせる可能性があるのであげないようにしましょう。

アメリカンコッカースパニエル

ぼくのワンコは氷が大好きすぎて冷凍庫を開けた瞬間おすわりして待ってます。そしてガリガリいいながら食べます笑。

まとめ:犬も夏バテになります

まとめ:犬も夏バテになります

今回は犬が夏バテになる原因や対処法を紹介しました。ワンちゃんの夏バテのサインを見逃さないように日頃から観察しましょう。

水分+栄養補給をするならブッチがおすすめ

また、「夏バテで食欲がなくドッグフードをまったく食べてくれない。」「水分と栄養を同時に補給させたい。」と思っている方はブッチがおすすめなのでぜひ試してみてください。

詳しいレビューはこちら『【レビュー】愛犬に「ブッチドッグフード」をあげたら爆食いしたよ!【体調がすこぶる良い】』で解説しています。

【レビュー】愛犬に「ブッチドッグフード」をあげたら爆食いしたよ!【体調がすこぶる良い】

一人前の飼い主になりたい方へ

こちら『【全48項目】犬の飼い方・しつけ・ごはんなど全てを徹底解説【体験談あり】』では、犬の飼い方について徹底的に解説しました。

この記事を読めば、一人前の飼い主になれますよ。

それでは今回は以上です。
記事が参考になれば幸いです。

最後まで見ていてただき、ありがとうございました。