【簡単】Macの起動速度を上げる6つの方法【起動が遅くなったらためそう】

macの起動速度を上げる6つの方法

[code_balloon position=”right” name=”悩んでる人” text=”最近macの起動スピードが遅くて、ストレスが溜まる。どうやって速くするんだろう?教えて下さい!
” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/12/af969728c0b0da34bdc243cf6fc85783.jpg”] [code_balloon position=”left” name=”ゆうが” text=”こういった疑問に答えます!” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/11/yuga_Original-1.jpg”]

記事を読むメリット

  • macの起動スピードが上がって、ストレスが消える

macの起動速度が遅いと、まじでイライラしますよね。笑
しかも、これが積み重なるとかなりの時間が無駄になってしまいます。

[code_balloon position=”left” name=”ゆうが” text=”ぼくも遅すぎて、長いときは10秒くらいかかりました。笑” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/11/yuga_Original-1.jpg”]

なので、今回はmacの起動速度を上げる6つの方法を解説します。

記事の信頼性として、僕が実際に6つの方法を試したら、9秒ほど起動が速くなりました。
なので、記事の信頼性は担保されていると思います。

スポンサーリンク

macの起動速度を上げる6つの方法

macの起動速度を上げる6つの方法

結論は下記の6つです。

  1. アプリを開きすぎない
  2. スリープだけでなく、再起動もする
  3. Chromeは閉じてから、スリープする
  4. 使ってないアプリは削除する
  5. そもそもMac自体を最新にする
  6. デスクトップの整理

それぞれ解説していきます。

1.アプリを開きすぎない

アプリの開きすぎは、macの動作を重くする原因です。

たとえば、人間でいう「マルチタスク」のような状態で、
つまり、「生産性が落ちる=macのパフォーマンスも落ちる」ということです。

マルチタスクとは、複数のタスクを同時にこなすことです。

なので、使っていないアプリを閉じるようにすれば、起動が遅くなるというのはなくなります。

[code_balloon position=”left” name=”ゆうが” text=”ぼくも、肌感覚で起動スピードが速くなったと感じました。” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/11/yuga_Original-1.jpg”]
また、充電の減りがはやくなる原因にもなるので、アプリは開きすぎないようにしましょう。

2.スリープだけでなく、再起動もする

mac使っている人ならわかると思うんですが、ほとんどシャットダウンとかしませんよね。

だいたいは、画面閉じてスリープ。

しかし、これを何回もしてしまうと重くなる原因になります。

一応スリープって、人間で言うところの仮眠みたいな状態なんですよ。
つまり、pcでも同じことが言えて、完全な睡眠をとっていない状態だからmacも起動が遅くなります。

なので、「なんだか起動が遅いな」と思ったら、再起動orシャットダウンしてみてください。

[code_balloon position=”left” name=”ゆうが” text=”こちらも肌感覚で、起動速度が上がります。” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/11/yuga_Original-1.jpg”]

3. Chromeは閉じてから、スリープする

macをスリープする際には、「必ずChromeを閉じて」からスリープしましょう。

なぜなら、Chromeはかなり容量を食うからです。

どのくらい食うのかという具体的な数字はないのですが、普段使うアプリ以上には容量を使います。

たとえば、

  • タブを開きすぎてる
  • キャッシュが溜まっている
  • ブックマークの量が多い
  • タブを多く開いている

これらがChromeにはあるので、普通のアプリよりは容量を使います。

その結果、起動するときにアプリの立ち上げに時間がかかってしまうので、macの起動が遅くなります。

なので、スリープする際には「必ずChromeは閉じて」からスリープしましょう。

4.使ってないアプリは削除する

使ってないアプリを削除するだけで、起動だけでなくmacの動作も軽くなります。

たとえば、ぼくのmacの場合はアプリを消して、ストレージがこのくらいなので起動が速いです。

macのストレージ

前は使っていないアプリとかも消さずに残しておいてたので、起動速度がめちゃ遅かったです。

なので、使ってないアプリは削除しましょう。

僕が削除したアプリ

参考程度にどうぞ。

  • Firefox
  • GarageBand
  • iMovie
  • Keynote

これらを消しました。

理由としては、Googleのアプリで十分だし、これらが一番ストレージを圧迫してたからです。

5.そもそもmac自体を最新にする

こちらは見落としがちなところで、最新にしないと起動が遅くなります。

理由としては、OSを更新しないとパワーアップしないからです。

人間でいうまだ子どもみたいな状況です。

なので、macを最新にしましょう。
ちなみに現在は、macOS Big Surです。

6.デスクトップの整理

こちらは絶大な効果があるかと言われると、そんなことないんですが、やらないよりは全然マシです。

なので、デスクトップにファイルや写真が並んでいる人は、iCloudかfinderに入れておきましょう。

ちなみに僕のデスクトップはこんな感じです。

mac デスクトップ画面

[code_balloon position=”left” name=”ゆうが” text=”ミニマリストですね。笑” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/11/yuga_Original-1.jpg”]

なので、デスクトップの整理をしましょう。

今回は以上です。
記事が参考になれば幸いです。

最後まで見てくださり、ありがとうございました。