ミニマリスト歴1年のぼくが、家で寝袋で寝るメリットを4つ紹介【猫背が治った】

ミニマリスト歴1年のぼくが、家で寝袋で寝るメリットを4つ紹介【猫背が治る】

ミニマリストになりたくて家で寝袋で寝たいんですが、メリットってありますか?また失敗したくないので、おすすめな寝袋とかがあれば教えてほしいです。

悩んでる人

ゆうが

こういった疑問に答えます!

「いや!家で寝袋とか頭おかしいやろ!」とか「そもそも硬い床で寝て大丈夫なの?」と思ったりしますよね。

ほかにも、「少し興味はあるけど実際にやってみるのは気が引けるな〜」みたいに思っていませんか?

ですが結論として、寝袋はベッドや敷布団で寝るよりもメリットがあり効果的です。

そこで今回は、ミニマリスト歴1年で寝袋生活1年のぼくが、寝袋で寝るメリットを4つ紹介しつつ、爆睡確定のおすすめ寝袋を紹介していきます。

記事を最後まで読んだら、あなたは寝袋でしか寝れなくなるでしょう。

この記事を書いた人

滝田裕雅 たきたゆうが
ゆうが
ブロガー

福島県在住の18歳 ブロガー

高2で将来に絶望したので、プログラミングを独学したり知識0でブログを始めました。

「正しい知識を正しく届ける。」という理念のもとサイトを運営しています。その分野の専門家の記事や論文、ぼくの実体験をもとに情報に誤りのない記事を作成しています。

ミニマリスト歴は1年ほど。

プロフィールの詳細&記事編集ポリシー

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシーはこちら

スポンサーリンク

1年ほど寝袋生活してわかった、家で寝袋で寝るメリット4つ

1年ほど寝袋生活してわかった、家で寝袋で寝るメリット4つ

結論として、寝袋で寝るメリットは下記の4つです。

  • 冷え性がなくなる
  • 掃除や洗濯が楽
  • 猫背が治る
  • 部屋が広くなる

寝袋で寝るメリット①:冷え性がなくなる

寝袋で寝るメリット①:冷え性がなくなる

まじで寝袋で寝てから冷え性がなくなりました。ぼくは東北に住んでるのに冷え性で、冬になると「寝るのが苦痛だな」と思っていました。

しかし、ミニマリストになって寝袋で寝るようになってから明らかに冷え性が治りました。

理由としては、シンプルに寝袋は保温性がバツグンだからです。寝ている間ずっと暖かいので冷え性もなくなりました。

その結果、目覚めもよくなって、毎日最高な気分で生活できるようになりました。


寝袋で寝るメリット②:掃除や洗濯が楽

寝袋で寝るメリット②:掃除や洗濯が楽

寝袋は掃除や洗濯などのお手入れが、めちゃくちゃ楽です。

たとえば部屋の掃除をする際にも、ベッドは下にホコリが溜まってめんどうですよね。

しかし、寝袋の場合たたんでしまっておけばホコリはたまりませんし、掃除するときもすぐにできます。

ゆうが

結果的に時短にもなるし、めちゃめちゃ楽すぎです。

寝袋で寝るメリット③:猫背が治る

寝袋で寝るメリット③:猫背が治る

寝袋で寝始めて約1ヶ月した頃から猫背が治りました。

ぼくもはじめは「寝袋で猫背なんか治るはずないだろ^^」と思いましたが、ネットで調べてみると本当に治るみたいでした。

証拠として、アメリカの健康情報WEBサイトの「healthline」では下記のように述べています。

Soft surfaces let your spine curve, while hard surfaces provide support. People say the firmness of the floor helps their spine stay straight.

Is Sleeping on the Floor Good or Bad for Your Health?

ようするに、「硬い床は背骨をまっすぐに保つのに役立つ」と言っています。なので床で寝る寝袋は猫背が治ります。

ゆうが

ぼくはエヴァンゲリオンの初号機なみの猫背でしたが、仲間や友達から「姿勢いいね」と言われるくらいになりました。

寝袋で寝るメリット④:部屋が広くなる

寝袋で寝るメリット④:部屋が広くなる

シンプルにベッドや敷布団が消えるので、部屋がめちゃめちゃ広くなります。その結果、断捨離でミニマリストに近づけます。

また寝袋は収納スツールにしまえれるので超コンパクトです。なので、邪魔にならずに部屋が広くなります。

収納スツールやミニマリストなどについては下記の2つの記事をご参考にください。

ミニマリストになる方法5つを現役ミニマリストが解説ミニマリストになる方法5つを現役ミニマリストが解説 ミニマリスト流「収納スツール」を使って片付けする方法

補足:硬い床で寝ても問題ない理由

硬い床で寝ても問題ない理由

証拠として、研究で証明されているのと、多くの人が、寝袋で睡眠の質が上がったという声があるからです。

こちらのツイートの文献を読んでもらうとわかるのですが、「睡眠の質は同じ」なんです。つまり、寝袋で寝ても問題ありません。

1年間、硬い床で寝たぼくの所感

硬い床で寝ても問題ない理由

あと先程も述べたように僕自身、1年間くらい硬い床で寝ましたが、逆に猫背が治って睡眠の質が上がりました。

昔は敷布団で寝てましたが、そのときは何時間寝ても眠かったですし、なかななパッと起きれませんでした。しかし、寝袋で寝るようになってから睡眠の質が上がりました。

初日は背中が砕ける

とはいえ、初日に寝袋で寝たときは背中が砕けかけたので、これに関しては慣れですね。1週間ほどすればかなり楽になって睡眠の質が上がってきます。

スポンサーリンク

ミニマリストのぼくが使っている、「爆睡確定」のおすすめな寝袋

ミニマリストのぼくが、おすすめする寝袋

ぼくが日頃から愛用している寝袋は、スノーピーク(snowpeak)の寝袋です。↓

こちらは、ミニマリストしぶさんというミニマリスト界のカリスマが愛用している寝袋で、コスパもよく超絶暖かいです。

スノーピークの寝袋を実際に使ってみての感想

ミニマリストのぼくが、おすすめする寝袋

1年近く使ってみての感想は、「あれ?いつの間にか朝だ!」です笑。

ゆうが

話し盛りすぎだろって思うかもですけど、リアルに爆睡できます。

またコスパがいいし暖かい、そして薄いのでたたみやすく、3waysだから、

  • クッション
  • 寝袋
  • 掛け布団

このように3つに変えれるので便利。

ミニマリストのぼくが、おすすめする寝袋

クッションの場合、こんな感じになります。寝袋としてじゃなくクッションとして使えるのも一石二鳥でいいです!色もグレーなのでシンプルでミニマリストっぽさが溢れて、部屋にもマッチしています。

収納スツールとのコンボが最強すぎる

しかも、収納スツールとのコンボが最強すぎる

画像のように、収納スツールにもコンパクトにしまえるので、更にミニマルで最高すぎです。

なお、収納スツールについてはこちらミニマリスト流「収納スツール」を使って片付けする方法【もう片付けに困らない。】で解説しているので読んでみてください。

とりあえず、snowpeakさえあれば寝袋はOKです。
1年以上使ってますが中の綿もまだまだ暖かくて最高です。なので、snowpeakおすすめです。

いつも不眠気味で朝起きるのが辛いや、猫背気味だから姿勢をちょっとでも治したいなと思っている方はぜひお試しあれ。

補足:極度の冷え性の人は、上位互換モデル

「いや!私は極度の冷え性だ!」という方は、こちらのスノーピークの最上位モデル「オフトン」の寝袋がおすすめです。

ミニマリストの間ではかなり人気で、「寝袋の中で一番温かい」という評判です。なので、極度の冷え性の方はこちらの寝袋がおすすめです。

まとめ:ミニマリストになりたいなら寝袋を買おう

まとめ:ミニマリストになりたいなら寝袋を買おう

少し話はずれますが、これからミニマリストになりたいと思っている人はマジで寝袋を買うことをおすすめします。

なぜなら、先程紹介した4つのメリットがありますし、ミニマリストに最適な寝具だからです。なので「ミニマリストにこれからなりたい!」という方は、ベッドを投げ捨てて寝袋を買いましょう。

ぼくもベッドを捨てて寝袋を買って、なんやかんや1年もたっています笑
参考:ミニマリスト歴1年が教える、いらないものリスト20選【実体験】

最初こそ背中が砕けるかもですが、慣れれば睡眠の質が上がって不眠症が治るので勝ちですよ。

1年以上愛用している寝袋

極度の冷え性の方向け