【これで辞めれないなら無理】ゲームを辞める方法

ゲーマー

疑問を持ってる人ゲームを辞めたい人
「勉強とか自分のやるべきことをしたいんだけど、なかなかゲームが辞められなくて手を付けれない。ゲームを辞める方法が知りたい。」

[code_balloon position=”left” name=”ゆうが” text=”こういった悩みを解決していきます。
” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/11/yuga_Original-1.jpg”]

本記事を読むメリット

  • ゲームを辞める方法がわかる
  • その結果、自分のやるべきことができるようになる

僕も昔は毎日7時間ほどゲームをしていて、自分のやるべきことをやらずに、だらだらと過ごしていました。

しかし、現在はプログラミングやブログなどをしていて、完全にゲームをしなくなりました。

なので今回は、ゲームを辞める方法を解説していきます。

本記事のもくじ

  • ゲームを辞める方法
  • いきなりゲームを辞めることはできない

記事の信頼性として、現在の僕はゲームを完全に辞めて、ブログを毎日更新しています。
なので、記事の信頼性は担保されています。

それでは、前置きはこれくらいにして、さっそくいきましょう!

スポンサーリンク

ゲームを辞める方法

コントローラー

結論は、目標を決めて達成できなかったら、罰を与えられるです。

これだけだと完全に意味わからないと思うので、解説していきます。

学習性無力感になる

目標を決めて達成できなかったら、罰を与えられる。ってどういうことなのか、

たとえば、副業とかを想像してみてほしいのですが、あれって結局、稼げなくて多くの人が辞めますよね。

なぜかというと、稼ぐという目標が達成できずに、報酬がないという罰が与えられるので、辞めるんですよ。

つまり、学習性無力感になるから辞めていくんですよ。

学習性無力感とは、長期にわたってストレスの回避困難な環境に置かれた人や動物は、その状況から逃れようとする努力すら行わなくなるという現象

学習性無力感 – Wikipedia

詳しくは、こちらの記事をお読みください。

[sc_blogcard url=”https://yuuuugablog.com/life/motivation-helplessness”]

なので、ゲームでも同じく、学習性無力感になればゲームを辞めるようになるんです。

具体的なやり方

まずは、ゲームで目標を決めます。

僕の場合だと、たとえば、

  • ランキング10位以内を1ヶ月維持する
  • 40キル0デスを3回連続
  • 48時間ぶっ続けでゲームする
  • ゲームで稼ぐ

こんな感じです。

あくまでも、絶対に達成できないのではダメで、達成できそうでできないのを目標にしてください。

次に罰を決めます。

僕の場合だと、たとえば、

  • 恥ずかしい写真をばらまかれる
  • 奢らされる

こんな感じです。

また、目標や罰などは、親や友人に見てもらうのがいいです。
※そうすることで、罰などは自分の意志に頼らなくなるので。

そしたら絶対に途中で、「こんなん無理ゲーだろ」となります。

[code_balloon position=”left” name=”ゆうが” text=”僕もなりました。
” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/11/yuga_Original-1.jpg”]

その結果罰を与えられて、「自分には達成できない」と、学習性無力感に陥りゲームを辞めるようになるのです。

[code_balloon position=”left” name=”ゆうが” text=”まじでゲームをやるモチベーションが湧きません。
ゲーム=罰を与えられると思ってしまいます。” img=”https://yuuuugablog.com/wp-content/uploads/2020/11/yuga_Original-1.jpg”]

なので、ゲームを辞める方法として、目標を決めて達成できなかったら、罰を与えられる。

つまり、学習性無力感になるです。

スポンサーリンク

いきなりゲームを辞めることはできない

コントローラーを投げている

とはいえ、 「目標を立てて、罰を与えられる」といっても、すぐにはゲームをやめることはできません。

なんやかんや、時間が立つとゲームをしたくなるんです。

ゲームは楽しいですし、無理やり辞めれるものではありません。

なので、焦らずに、「今日は1時間も早くゲームを辞めれた!」と自分を肯定しつつ、辞めるようにしましょう。

今回は以上です。
記事が参考になれば幸いです。