【高校生向け】面白くて記憶に残るプレゼンをする方法

【高校生向け】面白くて記憶に残るプレゼンをする方法

近頃プレゼンがあって資料はできたんだけど、真面目すぎて笑えるような内容がない、、、。
どうやったら笑いが起きるような面白いプレゼンができるだろう。誰か教えてください!

悩んでる人

ゆうが

こういった疑問に答えます!

記事を読むメリット

  • 面白いプレゼンができ、ひと目置かれる存在になる
  • プレゼンで他の人との圧倒的な差をつけれる

プレゼンで笑いを作るのって、割と難しいですよね。

僕も初めてプレゼンの資料作ったときはガチガチに真面目だったので、何一つ面白いところがありませんでした。

しかし、現在ではプレゼンが得意になり、笑いを入れつつできるようになりました。

なので今回は、そんな僕が、面白くて記憶に残るプレゼンをする方法を解説していきます。

本記事のもくじ
  • 面白いプレゼンをする方法【3選】
  • 記憶に残るプレゼンをするには
  • プレゼンで全員は笑ってはくれない

記事の信頼性として、ぼくはプレゼンが得意でクラスで一番評価が高く、先生や友達に「おもしろい!」と言われました。なので、記事の信頼性は担保されていると思います。

前置きはこれくらいにして、さっそくいきましょう!

スポンサーリンク

面白いプレゼンをする方法【3選】

面白いプレゼンをする方法【3選】

結論として、面白いプレゼンをする方法は下記です。

  • 構成をきちんとする
  • 盛った話をする
  • ギャップをつくる

一つずつ解説していきます。

構成をきちんとする

構成をきちんとするだけでも十分面白くなります。
たとえば、オチを用意するとかです。

お笑いとかって必ずオチが存在しますよね。
それと同じくプレゼンもオチをつくれば笑いは起きます。

たとえば、おいしいごはん屋さんにいったことをプレゼンするなら、

「僕先日〇〇という建物がボロいごはん屋さんに行ったんですよ。
そして、〇〇定食を頼もうとして目玉が飛び出そうになりました。
だって建物ボロいのに値段が1万円もするんですよ!!

こんな感じでオチをつくればいいのです。
これだけでも十分面白いです。

というか、こういったオチをいれたプレゼンをする人は、まずいません。

なので、オチを入れるだけでめちゃめちゃ面白いプレゼンができるようになります。

盛った話をする

先程の構成をきちんとするでも書いたんですが、
「目玉が飛び出そうになった」みたいに盛ったことを話すと、面白くなります。

なぜなら、盛った話というのはシンプルに面白いからです。

「そんな訳ないだろ」みたいなのはたいてい面白いのです。

たとえば、

「僕先日〇〇でびっくりしすぎて、気絶したんですよ!」

こんな感じに話せば面白いですよね。

つまり、嘘をついてもいいのです。

なぜなら、その後「スミマセン、すこし話盛りました」といえばいいから。
しかも、これにより更に笑いが起きる可能性があります。

なので、盛った話をするです。

ギャップを作る

ギャップをつくるというのは、真面目なプレゼンかと思いきや、いきなりボケるみたいな感じです。

たとえば、接客についてプレゼンするとしたら、

「こういった観点から、接客はとても大事です。
僕も飲食店で転んで水をお客さんにかけて、爆笑してしまったこともありましたが、
今後は気をつけていきたいと思います。」

これだと接客という真面目な話題からの、
水をかけてしまって爆笑したという経験でギャップが生まれますよね。

ギャップが生まれるとやはり人って笑ってしまうんですよね。

もし笑ってくれなかったら、「ここ笑うところですよ!」などの声がけをしましょう。
すると、聞いている人は「笑って良いんだ」と心理的に笑いやすくなります。

たとえば、いつもは真面目なのにいきなり発狂したら面白いですよね。それと同じです笑

それと同じくプレゼンでもギャップを作ると笑ってしまいます。
なので、ギャップを作ると面白くなります。

そもそもプレゼンが苦手な場合は?

ここまで聞いて、「いまいちプレゼンのやり方がわからない」という方は、そもそもの基礎を固めましょう。

こちらの記事【簡単】高校生でもプレゼンを必ず成功させる3つのコツ【本も紹介】を読めば、プレゼンのやり方がわかります。

なので、まずはプレゼンの土台から作らないと、面白い話はできないので記事を読んでみてください。

スポンサーリンク

記憶に残るプレゼンをするには

プレゼンをしている人

やっぱりプレゼンをするからには、聞いてる人の記憶に残るプレゼンにしたいですよね。

せっかく話したのに、相手の記憶に残っていなかったら、なんのために話したのかもわからなくなってしまいます。

しかし安心してください。
そんな記憶に残るプレゼンをする方法はあります。それは、、、

結論:ストーリーを語るです。

ストーリーを語る

記憶に残るプレゼンとして、ストーリーを語ることが超重要です。

なぜなら、ストーリーを語れば聞いた相手は、覚えるからです。

あの有名なスティーブ・ジョブズも、ストーリーを語ってiPodを爆発的にヒットさせました。

たとえば、どっちのプレゼンが記憶に残りますか。

  • 「お母さんにお願いしてスマホを買ってもらった。それがこちらのスマホです。」
  • 「お母さんに毎日毎日マントルにつくくらい頭を下げて、
スマホを買ってください!!とお願いして買ってもらったスマホがこちらです。その名もマントルスマホです。」

はい。どちらのほうが記憶に残りますか?

圧倒的に後者のほうですよね。

では、なにが記憶に残る部分なんでしょうか。
それは、この2つです。

  • 「毎日毎日マントルにつくくらい頭を下げて」
  • 「マントルスマホ」

このストーリー性がとても重要で、聞いている人は流れで、「マントルスマホの人だ」と覚えてくれるのです。

つまりこれがストーリーを語るということです。

具体的なストーリーの語り方

具体的なストーリーの語り方として下記2つです。

  • 登場人物を出す
  • キーワードを入れ込む

一つずつ解説していきます。

登場人物を出す

先程のたとえ話でも出てきましたが、お母さんがいますよね。
このお母さんがいることでストーリー性がぐっと上がります。

どういうことかと言うと、人物がいないとそもそもストーリーは成り立ちませんよね。この人がいて、こうなった。
これがストーリーですよね。

つまり、人物が出てくることにより聞いている相手は、「このひとがこういった行動をしたんだ」とイメージできるようになりますよね。

なので、登場人物を出しましょう。

キーワードを入れ込む

これが結構重要で、キーワードを入れ込まないとインパクトは生まれません。

先程の例で「マントルスマホ」というのが出てきましたよね。
これがキーワードです。

このキーワードを入れると聞いている相手の記憶度は上がります。

純粋に考えて、「スマホ」「マントルスマホ」だったらどっちが記憶に残りますか、という話です。
しかもマントルスマホの場合は、頭をマントルまで下げたんだなという
背景も一緒に思い出せますよね。

僕がよくやるのは「したこと×物」です。
これにより、背景も一緒に思い出せるので効果的です。

なのでインパクトがあるキーワードを入れましょう。

この2つだけで十分ストーリーになります。

プレゼンで全員は笑ってはくれない

プレゼンをしている人

ここまで記事を読んでくれた方には申し訳ないのですが、いくら面白いプレゼン資料をつくっても、全員は笑ってはくれません。

シンプルに考えてほしいのですが、「面白い」っていう判断軸はそれぞれ違いますよね。

ツボがあるのと同じです。

僕もみんなが面白いと思っているのもは、「面白くないな」と思うのと同じく、判断軸って人それぞれなんですよね。

なので、全員笑わなかったからって「自分はつまらないんだ」と、落ち込む必要はないんです。

7割に面白いと思われれば十分

僕自身プレゼンをしていて全員にウケたことなんてありません。

大抵は7割に面白いと思われているくらいです。

なんで7割に面白いと思われればいいかというと、割と多いからです。

逆に8.9割とかは多すぎです。
100人いたら、80人笑わせるとかだいぶきついです。

とはいえ、「自分はあの人だけには面白いと思ってほしい」というのもありだと思います。

なので、全員にウケなくてもよくて、7割に面白いと思われればOKです。

そもそも成功を優先しよう

といっても、面白くすることも大事なのですが、それ以上にまずはプレゼンを「成功」させることが重要です。

面白くすることを優先して、プレゼンでなくなってしまったら本末転倒です。

今回は面白いプレゼンをする方法を解説しましたが、ここまで読んで「すこし苦手かも」という方は、まずは成功させることを優先させてください。

なので、「すこし苦手」という方は、こちらの記事【簡単】高校生でもプレゼンを必ず成功させる3つのコツ【本も紹介】を参考にしてみてください。

そして、成功する感覚を掴めたら、またこの記事を読み返して「面白さ」を取り入れてみてください。

あなたなら必ず面白くて記憶に残るプレゼンができますよ!

それでは今回は以上です。
記事が参考になれば幸いです。

最後まで見てくださり、ありがとうございました。

プレゼンを必ず成功させる3つのコツ

【簡単】高校生でもプレゼンを必ず成功させる3つのコツ【本も紹介】 【簡単】高校生でもプレゼンを必ず成功させる3つのコツ【本も紹介】