【無料】マインドマップソフトだったらMindMeister一択【使い方も解説】

【無料】マインドマップソフトだったらMindMeister一択【使い方も解説】

マインドマップで思考整理がしたいな。
紙でやるのもいいけど持ち運んだりすると、かさばるからPCでやりたい。
なんかおすすめのソフトを教えて下さい!

悩んでる人

ゆうが

こういった疑問に答えます!

記事を読むメリット

  • 無料でおすすめのマインドマップソフトがわかる
  • 思考の整理ができて、仕事がはかどるようになる

マインドマップを使って思考を整理したいけど、どんなアプリを使えばいいかわからないですよね。

巷ではいろいろなマインドマップソフトが出回っていて、ぼくもいろいろと使ってみました。

そして、ぼくが今回紹介するソフトはいろいろ試してきた中で、一番最強なのでこれだけ入れておけば間違いないです。

この記事を読んだあとは、頭の中の思考を全てぶつけることができて、仕事がはかどるようになりますよ。

本記事のもくじ
  • マインドマップソフトだったらMindMeister一択
  • MindMeisterの使い方

記事の信頼性として、僕は今回紹介するマインドマップを使って、ブログのネタを探したり、質のいい記事をつくるためにめちゃめちゃ愛用しています。
※マインドマップのおかげで毎日更新出来ています。

なので、記事の信頼性は担保されていると思います。

それでは前置きはこれくらいにして、さっそくいきましょう!

スポンサーリンク

マインドマップソフトだったらMindMeister一択

マインドマップソフトだったらMindMeister一択

結論として、マインドマップを使って思考整理がしたいなら、「MindMeister(マインドマイスター)」を使いましょう。

MindMeisterが一択な理由としては、下記の3つです。

  • ユーザーが多いのでセキュリティー面も安心安全
  • Cloud上に自動保存されるので、管理が楽
  • PCだけでなく、複数の端末でも利用可能

一つずつ解説していきます。

ゆうが

なんと、あのリベラルアーツ大学の両@学長さんも使っています!!

ユーザーが多いのでセキュリティー面も安心安全

「セキュリティ面とかは大丈夫なの?」こういった疑問があると思いますが、
結論としては安全です。

理由としては、圧倒的なユーザー数だからです。

ユーザー数=安全じゃないですか?

たとえば、公式ホームページの情報では、

上記の画像のように、なんと1400万人もいるんです!

マインドマップソフトの中では、最大のユーザー数を誇っています。
参考《MindMeister | マインドマイスター》1400万超ユーザーの無料クラウド型マインドマップツール

シンプルに1400万人ってやばくないですか?
だって、東京都の人口ですよ。

東京都住んでる人全員やってるレベルです。笑

なので、セキュリティー面も安心安全です。

Cloud上に自動保存されるので、管理が楽

Cloud上に自動保存ってめっちゃ楽じゃないですか?
どうぶつの森みたくセーブしなくても、勝手に保存されているんですよ。

しかもCloud上なので、PCが壊れても大丈夫です。

こんなの生産性爆上がりじゃないですか?

このセーブするという、小さなムダな時間の積み重ねがムダな時間を生むのです。

そう考えると、自動保存はめっちゃ便利ですよ。

また、よくあるセーブのし忘れでデータが消えて、萎えることもありません。

しかも、一回ログインすればすぐに作業に取りかかれるので、めちゃめちゃ便利です。

なので、自動保存があり、管理が楽です。

PCだけでなく、複数の端末でも利用可能

もう一つ便利な理由として、複数のデバイスから利用できることです。

たとえば、スマホやタブレットから利用でき、いつでも思いついたときに手軽に思考整理できます。

そして、この最大の利点は紙やペンが不要なことです。

結局紙やペンを補充するお金がチリツモで、結構な支出になるんですよね。

なので、複数の端末で利用可能で便利です。

PCだけでなく、複数の端末でも利用可能

僕の場合、スマホと連動しているので、思いついたことや、手軽にタスクの確認などをしたい時はスマホから開いています。

スポンサーリンク

MindMeisterの使い方

続いてMindMeisterの使い方を、スクショ付きで解説します。

使い方1:テーマを決める

青い囲いをクリックして、文字を入れればOKです。

今回の場合、初めに思考を整理するために、軸となるテーマを決めます。
そうすることで、的を絞れて思考が広まります。

たとえば、テーマは「ブログの書き方」みたいな感じにしましょう。

使い方2:そのテーマから思いつくことを書いていく

テーマを決めたらそのテーマについて思っていることを、右上にある「+ボタン」で追加して、書きまくりましょう。

たとえば、先程のテーマから思いつくことを書くと、

  • 読者の問題を明確にする
  • 記事を読むメリットを伝える
  • 記事の信頼性を担保する

こういった感じです。

あとは、更に深堀ったり、新しい思いつくことを書いたりしましょう。

そうすることで、発散でき、思考が深まります。

MindMeisterを使う際の注意点

注意点としては、オフラインで作業が出来ないことです。

なので、ネット環境がないと使えないPCなどは、思考整理してる際に強制的に中断していまします。
※とはいえ、自動保存があるのでその点は安心です。

昔は出来ていたらしいです。

詳しくはこちらをどうぞ
参考オフラインでマインドマップにアクセスできますか?

スポンサーリンク

まとめ:マインドマップソフトだったらMindMeister一択

ということで今回は、MindMeisterについて解説しました。

自動保存や、Cloudで動いたり、PC以外のデバイスでアクセスできて、いつでも思考を整理できる最強のソフトです。

僕自身ブログを書く際にとっても役立っていて、愛用しているツールです。

また、プレゼンの資料作成にもめちゃめちゃ使えて、ぼくはMindMeisterのおかげでプレゼンで「一番うまい!」と言われるようになりました。

プレゼンについてはこちらの記事【高校生向け】面白くて記憶に残るプレゼンをする方法を読んでみてください。

それくらい最強です。

それでは最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

【公式】MindMeister(マインドマイスター)2000万ユーザーの無料オンライン型マインドマップツール