高校生はバイトをするべきか本気で考えてみた【結論:短期・単発バイトをしよう】

高校生はバイトをするべきか本気で考えてみた【結論:短期・単発バイトをしよう】

高校生ってバイトをするべきですかね?よく周りでは「部活や勉強のほうが大事」と言っているんですよね。んーどうするべきか。。。

悩んでる人

ゆうが

こういった疑問に答えます!

この記事を書いているぼくは、バイト歴2年。
バイトを長くやってきて、高校生はバイトをするべきかを本気で考えました。

「高校生はバイトをするべきか?」こういった悩みってかなり多いですよね。

友達は「部活とか勉強のほうが大事だ」と言うからやんないほうがいいのかな?みたいに。
実際にぼくも、バイトをするべきか3ヶ月ほど悩んでいました。

なので今回は、バイトを2年やってきたぼくが、高校生はバイトをするべきかを本気で考えて、結論が出たので紹介していきます。

本記事を読むことで、バイトをするべきかがわかり、自分に合った最高の選択をすることができますよ。

スポンサーリンク

高校生はバイトをするべきか本気で考えてみた

高校生はバイトをするべきか本気で考えてみた

結論としては、高校生はバイトをすべきです。

理由は3つほどあって、それが下記。

高校生がバイトをするべき理由3つ
  • お金を稼ぐことで遊びの選択肢が増える
  • 金銭感覚が身について、お金の使い方がわかる
  • 社会や恋愛で使える、コミュニケーションスキルが上がる

こういった理由から高校生は、バイトをするべきです。

1. お金を稼ぐことで遊びの選択肢が増える

お金を稼ぐことで遊びの選択肢が増える

バイトは簡単にお金を稼げます。

お金が稼げると、遊びの選択肢が増えます。たとえば

  • 1泊2日の旅行に行ける
  • 家に集まって高級焼き肉をする
  • ちょっと高めな服を買って、町にくりだす

上記のような感じ。

中学生の頃にはできなかった多めのお金が必要な遊びも、高校生になってバイトをするようになると簡単にできてしまいます。

これがかなり、高校生がバイトをすべき理由ですね。

ゆうが

サクッと旅行に行けるようになるので、超楽しいですよ笑。

2. 金銭感覚が身について、お金の使い方がわかる

 金銭感覚が身について、お金の使い方がわかる

バイトをしている高校生と、していない高校生とでは、お金の使い方にかなり差がでてきます。

たとえば、バイトしている高校生としていない高校生はこんな感じ。

バイトをしている高校生の場合

500mで100円の水は高いから、100m先のスーパーで1Lで85円の水を買おう。

こんな感じに、節約する思考になります。

バイトをしていない高校生の場合

のどかわいた。自販機自販機〜♪

こんな感じで、お金を使うようになります。(人によりますが。)

この差が将来的には、大きすぎる差となって苦労するようになります。
そう考えると、高校生はバイトをすべきなんですよね。

ゆうが

ぼくも自販機最高!と思っていましたが、もう3年買わなくなりましたよ。おかげでお金を貯めれるようになりました。

3. 社会や恋愛で使える、コミュニケーションスキルが上がる

社会や恋愛で使える、コミュニケーションスキルが上がる

これはよくある話ですけど、コミュニケーションスキルが上がるといろいろなところで使えて便利です。

たとえば、恋愛でも、上司や友達との会話などいろいろな面で使えます。

シンプルに自信が持てるので人生楽勝。
高校生活で無双できます。(ぼくはしてないけどね☆)

以上3つのことから、高校生はバイトをするべきです。

高校生がバイトをするメリット・デメリット

高校生がバイトをするメリット・デメリット

では、更に深堀りして高校生がバイトをするメリット・デメリットを見ていきましょう。

高校生がバイトをするメリット

メリット

  • お金が稼げる
  • 働くという経験ができる
  • 金銭感覚が身につく
  • 働く人の気持がわかる
  • コミュニケーションスキルが上がる
  • どんな仕事にむいているかわかる
  • 友達とバイトトークで盛り上がれる
  • 人生経験ができる
  • 時間管理をする能力が身につく

さきほど紹介したのと似ていて、ほんとに高校生という存在だからこそやる理由があるんですよね。

高校生がバイトをするデメリット

デメリット

  • しんどすぎて萎える
  • 高校生活の時間が消える
  • 友達と遊ぶ時間が消える
  • 勉強する時間が消える
  • バイトがストレスになる
  • 辞めたら、バイト先の店に行きづらくなる

逆にデメリットとしては、ストレスになったり、高校生活での時間が減るという点ですね。

とはいえ、それは仕方ないことですね。
シンプルに「何かをやるなら、何かをやめないといけない」というのは自然の摂理ですから。

まー結局のところはやってみないとわからないので、「バイトしたい!してみたい!」という方はやってみることをおすすめしますよ!

スポンサーリンク

まとめ:高校生は短期的にバイトをやろう

まとめ:高校生は短期的にバイトをやろう

さっき説明したように、高校生はバイトで簡単に稼げて、遊びの選択肢が増えるのでバイトはやるべきです。

ですが、高校生活はお金を稼ぐよりも大事です。

なのでまとめると、高校生は短期的にバイトをやりましょう。

短期的なバイトは、いいとこ取り

短期的にバイトをすれば、シンプルにお金も稼げますし高校生活の時間も減りません。

つまり、両方のいいとこ取りなんですよね。
なので、短期のバイトをしましょう。もしくは単発。

まとまったお金がほしいなら、日雇いとか単発のバイトでサクッと稼げばいいですからね。

そうすれば拘束されるのも1日だけで、時間もそこまで無駄ではないのでおすすめです。

その上で、バイトを始めようと思った方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

バイトの始め方ロードマップ

これを読めば、バイトの始め方(バイト先の選び方~面接の方法などなど。)が丸わかりですよ。

あとは思う存分、高校生活を楽しむべき!
(高校生活をビジネスに捧げた僕が言うからマジです笑。)

それでは今回は以上です。
記事が参考になれば、幸いです。

最後まで見てくださり、ありがとうございました。