MAMPを使ってPHPをテストするやり方【初心者向け】

MAMPを使ってPHPをテストするやり方【初心者向け】

こんにちは、ゆうが(@yuuuugablog)です。

今回は、MAMPを使ってPHPをテストするやり方を初心者向けに解説していきます。

前提条件

  • すでにMAMPを入れている方
  • MAMPの初期設定が済んでいる方

すでにインストールされて、初期設定が済んでいる方というていで進めていきます。

本記事のもくじ
  • MAMPを使ってPHPをテストするやり方
  • MAMPを終了する場合は?

それではさっそくいきましょう!

スポンサーリンク

MAMPを使ってPHPをテストするやり方

下記の3STEPで解説していきます。

  1. MAMPの立ち上げ
  2. PHPファイルを作成
  3. PHPファイルをサーバーにアップロード

STEP1:MAMPの立ち上げ

まずは、MAMPを開いて「StartServer」をクリックしてサーバーを立ち上げましょう。

MAMPを使ってPHPをテストするやり方

そしたら、Webページが自動的に開くのでそのままにしておきます。

MAMPを使ってPHPをテストするやり方

STEP2:PHPファイルを作成

つぎにPHPファイルを作っていきます。

具体的には、vscodeなどのテキストエディタで好きなファイル名(今回はexとした)で、index.phpファイルを作成して、PHPを書きます。

MAMPを使ってPHPをテストするやり方

STEP3:PHPファイルをサーバーにアップロード

では次に、先程作ったファイル(ex)をMAMPでファイルを開き「htdocsファイルの直下」に置いてください。

MAMPを使ってPHPをテストするやり方

MAMPを使ってPHPをテストするやり方

そしたら、Webページが表示されているサイトへ戻り、検索バーにlocalhost/ファイル名/index.phpと打ち込んでください。

今回の場合でしたら、localhost/ex/index.phpになります。

MAMPを使ってPHPをテストするやり方

そうすると、index.phpに書かれたPHPが表示されます。

MAMPを使ってPHPをテストするやり方

以上がMAMPを使ってPHPをテストするやり方でした!

わりと仮想サーバーを使ってプログラムを書くことが多いので、この機会に覚えておきましょう!

スポンサーリンク

MAMPを終了する場合は?

シンプルにMAMPを開いて、先程のように電源ボタンを押せば終了できます。

また、起動したいときは同じく電源ボタンを押せばOKです!

起動したままでMACとかスリープするとわりと重くなるので、寝る前とかは終了させることをおすすめします。

それでは今回は以上です!
記事が参考になれば幸いです。

最後まで見てくださり、ありがとうございました!