SANGOで「前の記事へ」「次の記事へ」を非表示にする方法【WordPress】

前の記事へ次の記事へを非表示にする方法


Notice: Undefined offset: 1 in /home/yuuuugablog/yuuuugablog.com/public_html/wp-content/themes/sango-theme-child/functions.php on line 81

こんにちは、ゆうが(@yuuuugablog)です。

今回は、SANGOで「前の記事へ」「次の記事へ」を非表示にする方法というテーマで話していきます。

非表示にする部分

SANGOで「前の記事へ」「次の記事へ」を非表示にする方法【WordPress】

上記の画像のとおりで、これを非表示にしていきます。

こちらの解決策は、SANGOの公式テーマガイドのほうで解説されているのですが、やり方の画像がないので割とムズカシイかなと感じました。

なので、ぼくが図解をしつつ解説していこうかなと思います。

初心者の方でも実装できますので、安心してくださいね。

それではさっそくいきましょう!

スポンサーリンク

SANGOで「前の記事へ」「次の記事へ」を非表示にする方法

下記の4STEPで実装していきます。

  1. FTPソフトを使ってサーバーに接続する
  2. SNAGO子テーマにpartsディレクトリを作成
  3. partsディレクトリの中にsingleディレクトリを作成
  4. singleディレクトリの中にprev-next-entry.phpを作成する

スクショを用いて解説していきます。

FTPソフトを使ってサーバーに接続する

まずは、FTPソフトを使いサーバーに接続していきます。

FTPソフトとは
自分のPCやサーバーにファイルを送り合うことができるソフトのこと

具体的には、FileZillaを使っていきます。

それではまずは、サーバーに接続してください。

FTPソフトを使ってサーバーに接続する

そしたら、下記の画像のようにSANGO子テーマがあるファイルを開きます。

FTPソフトを使ってサーバーに接続する

SNAGO子テーマにpartsディレクトリを作成

つぎに、SANGO子テーマにpartsというディレクトリを作成します。

SNAGO子テーマにpartsディレクトリを作成

上記の画像のように、右クリックで「ディレクトリを作成」を選択してpartsという名前で作成します。

SNAGO子テーマにpartsディレクトリを作成

上記の画像のように、作成すればOKです。

partsディレクトリの中にsingleディレクトリを作成

そしたらつぎに先程つくったpartsディレクトリに、同じようにsingleというディレクトリを作成していきます。

partsディレクトリの中にsingleディレクトリを作成

さっきと同じ手順でやればOKです。

singleディレクトリの中にprev-next-entry.phpを作成する

最後に、singleディレクトリの中にprev-next-entry.phpという「ファイル」を作成します。

singleディレクトリの中にprev-next-entry.phpを作成する

singleディレクトリの中にprev-next-entry.phpを作成する

そしてFileZillaを閉じれば完了です。

以上!SANGOで「前の記事へ」「次の記事へ」を非表示にする方法でした。

あとは実際にSANGOを見て、「前の記事へ」「次の記事へ」無くなっていたらOKです。

ファイルとかを作るだけなのですが、「そもそものFTPソフトの使い方がわからない」という方が多いと思うので解説してみました。

それでは今回は以上です!
記事が参考になれば幸いです。