あなたの大切なPCを守ろう

【初心者向け】正しいmeta descriptionの書き方【SEO】

【初心者向け】正しいmeta descriptionの書き方【SEO】

ブログとかをやっているとSEOの欄にmeta descriptionがあるんだけど、いつもよくわからずにやっています。正しい書き方を教えてください!

悩んでる人

ゆうが

こういった疑問に答えます!

記事を読むメリット

  • meta descriptionの正しい書き方がわかる
  • 正しく書くことで、クリック率が上がり集客できるようになる

今回は「meta descriptionってなに?SEOに関係あるの?」という初心者向けに効果的な書き方を解説します。

また、なんとなく書いてしまっている人もこの機会にぜひ正しい書き方を覚えましょう!

本記事のもくじ
  • そもそもmeta descriptionとは?
  • meta descriptionの実装方法
  • meta descriptionの正しい書き方

本記事の信頼性として、ぼくはSEOを勉強をしてその結果、SEOで一位をとったので信頼性は担保されていると思います。

SEO一位の証拠

SEOで一位をとった記事
【高校生向け】面白くて記憶に残るプレゼンをする方法

それでは前置きはこれくらいにして、さっそくいきましょう!

そもそもmeta descriptionとは?

そもそもmeta descriptionとは?

meta descriptionというのは上記の画像のようなもので、ユーザーにそのブログ記事の内容を説明して理解できるようにするもので、クリック率を上げるのために使われます。

これによりユーザーは「なるほどこのブログはこんなことが書いてあるのか。ちょっと読んでみようかな。」とブログをクリックしてくれます。

また、検索のキーワードが当てはまると文字が太くなります。

meta descriptionはSEO効果があるのか

ここが一番疑問なところだと思いますが、結論から言うと「SEOの効果はありません」

理由として、Googleのスパム対策チームリーダーのマット・カッツさんが、「meta descriptionはSEOに影響しない」と言っているからです。
※他のブログ記事を読んでみても、やはりSEOの効果はないみたいです。

ではなぜmeta descriptionを設定するのかと言うと、ユーザーはmeta descriptionを読んでサイトを見るか見ないかを判断してクリックするので、クリック率が上がり一周回ってSEO対策のような効果を発揮するからです。

meta descriptionの書き方次第でクリック率は変わる

たとえば、この2つの説明があったらどちらを読みたいと思いますか?

  • 人気者になる方法は、3つあります。1〇〇。2〇〇。3〇〇。…
  • こんにちは、〇〇です。今回は人気者のなり方を解説します…

読みたいなと思うのは、絶対に前者のほうですよね。
※後者は自動生成されたmeta descriptionの例です。

「出だしでこんにちは言われても内容の理解できないし。自分は人気者になる方法を知りたいだけだし。」となりますよね。

つまりSEO効果は無いんですが、書き方次第でクリック率が上がるので一周回ってSEO対策の効果のようなものがあります。

なので「意味ないならいいや」と言わずにきちんと、meta descriptionは書いておきましょう!

meta descriptionの実装方法

meta descriptionの実装方法

2つの場合でMeta description実装方法があるのでそれぞれ解説します。

WordPressの場合

WordPressの場合はAll in One SEOの「メタ説明」に書けばOKです。

meta descriptionの実装方法

「All in One SEOってなんやねん。」という方は、こちらの記事WordPressで必ず入れるべき、おすすめプラグイン9選【10個以上はアウト】に詳しく書いていますので、読んだあとに実装してみてください。

Web制作の場合

Web制作の場合の場合は、下記のコードに書いてください。

HTML

<meta name=”description” content=”ここに説明文を書く” />

以上で実装が完了です。

meta descriptionの正しい書き方

meta descriptionの正しい書き方

そして、正しい書き方は、

  • 読者に問いかける
  • 記事の内容を伝える
  • 行動意欲をかき立てる

この3つの要素を取り入れて書けばOKです。

キーワードは入れる、文字数は90~120文字程度

他にやることとして、その記事のキーワードを入れてください。
それじゃないと太字で表示されず、目印がないので読者からしたら「?」となってしまうので入れましょう。

また、文字数は90〜120文字くらいが良いです。
理由として、スマホで表示されたときも文章が途切れなく、自然な長さだからです。

meta descriptionの書き方の例

それでは先程の3つの要素を取り入れた、meta descriptionの書き方の例を紹介します。

【高校生向け】面白くて記憶に残るプレゼンをする方法の場合

読者への問いかけ

面白くて記憶に残るプレゼンをする方法を知りたいですか?

記事の内容を伝える

本記事では、面白いプレゼンをする方法【3選】、記憶に残るプレゼンをするには、全員は笑ってはくれない、を解説しました。

行動意欲をかき立てる

面白くて記憶に残るプレゼンをしたい人は必見です。

こんな感じで、meta descriptionを書くと効果的です!

実際にこの記事はSEOで1位をとっているわけなので、正しい書き方という保証はされています。

それでは、今回は以上です!
記事が参考になれば幸いです。

最後までみてくださり、ありがとうございました。

SEOに役立つ記事

【初心者でもできる】SEO内部対策でやるべきこと13選【実績&結果あり】【初心者でもできる】SEO内部対策でやるべきこと13選【実績&結果あり】 【初心者向け】noindexとnofollowとはなにか?【使い方も解説】 【検証済み】SEOに効果的なaltタグの適切な書き方【検証済み】SEOに効果的なaltタグの適切な書き方