iPhoneやiPadはウイルス感染事例はあるの?【結論:無料アプリを入れればOK】

iPhoneやiPadにウイルス対策ソフトは必要?感染事例はあるのか?わかりやすく解説

こういった方向け
  • iPhoneやiPadはウイルスに感染するの?感染事例は?
  • iPhoneやiPadを守るアプリとかあったら教えてほしい

こういった方は本記事を読めばOKですよ。

本記事の信頼性

この記事を書いているぼくは、ウイルス対策ソフトについて専門家や研究機関の論文や記事をよみあさっていたり、ソフトの比較をしているので、ウイルスやソフトに関してはかなり詳しいほうかと思います。
参考:【2021最新】ウイルス対策ソフト5種類を徹底比較【研究データで証明】

「iPhoneにもウイルス対策は必要なの?」「iPhoneやiPadはウイルスに感染した事例はあるの?」と思ったことありませんか?

ですが結論としては、ウイルスに感染した事例はありません。
しかし、ウイルスには感染しないものの、詐欺サイトに引っかかったり、データを盗まれるということはあります。

これらについて事例などを用いて、本記事で詳しく解説していきます。
無料のアプリも紹介するので入れておけば安心できますよ。

本記事を読むことで、安心してiPhoneやiPadを使えるようになりますよ。

この記事を書いた人

滝田裕雅 たきたゆうが
ゆうが
ブロガー

福島県在住の18歳 ブロガー

高2で将来に絶望したので、プログラミングを独学したり知識0でブログを始めました。

「正しい知識を正しく届ける。」という理念のもとサイトを運営しています。その分野の専門家の記事や論文、ぼくの実体験をもとに情報に誤りのない記事を作成しています。

プロフィールの詳細&記事編集ポリシー

お問い合わせはこちら

プライバシーポリシーはこちら


Follow Me

iPhoneやiPadにウイルス対策ソフトは必要?

iPhoneやiPadにウイルス対策ソフトは必要?

先程もいいましたが結論としては、「絶対に必要」ではないです。

理由としては2つあってそれが下記。

  1. iPhone(iOS)は最強セキュリティのソフトウェア
  2. App Storeで人間が厳しく審査している

1. iPhone(iOS)は最強セキュリティのソフトウェア

iPhone(iOS)は最強セキュリティのソフトウェア
理由としては、そもそもiPhone(iOS)はウイルスが作れないほどの完璧なスマホだからです。

たとえば、ウイルス対策ソフトを販売しているカスペルスキーの記事ではこのように言っています。

Appleのオペレーティングシステムが、各アプリが別々の仮想空間で実行されるように設計されているためです。基本的に、アプリ間の相互作用は制限されており、ウイルスの拡散が困難になっています。

How to remove virus from an iPhone?

つまり、iPhoneを作っているAppleはウイルスが入らないような仕組みを作っているからウイルスに感染しないのです。


2. App Storeで人間が厳しく審査している

App Storeで人間が厳しく審査している
2つ目として、App Storeで人間が厳しく審査してそれを通り抜けたアプリしかないからウイルスはそもそも存在しないんです。

こちらも同じくカスペルスキーの記事を引用すると下記。

Appleはすべてのアプリに対して厳格な審査プロセスを持っています。そのため、マルウェアに感染したアプリがダウンロードできるようになる可能性は非常に低いです。

How to remove virus from an iPhone?

つまりiPhone自体そもそもウイルスを作れないような仕組みを作っていて、App Storeでの厳しい審査をしているからから対策ソフトは「絶対に必要」ではないのです。

ここまでのまとめ
  • iPhone&iPadはそもそもウイルスを生み出せないソフトウェア
  • App Storeは人間が厳しく審査しているので、ウイルスが存在しない

iPhoneやiPadがウイルスに感染した事例はあるのか

iPhoneやiPadがウイルスに感染した事例はあるのか

結論として、ウイルスに感染した事例はありません。ですがシンプルに詐欺られた事例はあります。

iPhoneはウイルスには感染しないが、詐欺られた

ウイルスには感染しないが、詐欺られた

さきほどApp Storeは厳しく審査して通り抜けたアプリしかないといいましたが、最近のニュースではその審査が甘くて詐欺られたということがありました。

内容としては、App Storeでダウンロードした仮想通貨のアプリに1億円ほど盗まれたという内容です。
参考:App Store掲載の偽アプリで1億円超のビットコインが盗まれる

なのでiPhoneはウイルス自体には感染しませんが、詐欺などが発生したという事例があります。

ゆうが

とはいえ、こういったApp Storeを介した詐欺などは99.9%ないので大丈夫です。今回はマジでたまたまです。

ウイルスではない、詐欺の対策が必要

では、なぜ「絶対に必要」ではないというのかは、ウイルスとは別の詐欺にあう可能性があるからです。

ウイルスではない、詐欺の対策が必要

たとえば、SMSでAmazonからカード情報の開示の連絡が来たとか、サイトを見ていたらいきなり「ウイルスに感染しました!」と表示が出た。みたいなことありませんか?こういったのは全て詐欺でしてカード情報を盗んだりします。

つまり、ウイルスとは別の詐欺にあわないために対策をする必要があります。

iPhoneやiPadのウイルス対策が必要な人とは?

結論としてウイルス対策が必要な人は、下記に当てはまる人です。

  • SMSやメールでワンクリック詐欺に引っかかりそうな人
  • 怪しいサイトの区別ができない人
  • 「ウイルスに感染しています!」みたいな表示が出て戸惑う人

これらに当てはまらなければiPhoneやiPadにウイルス対策ソフトを入れる必要はないです。

とくにAmazonや楽天で買い物する人はSMSで偽のAmazonから詐欺メールが来ることがめっちゃ多いので気をつけましょう。

ゆうが

当てはまった人は、実際にぼくも使っている無料のウイルス対策アプリを紹介するので入れてみて下さい。

【無料】iPhoneやiPadで使えるウイルス対策アプリの紹介

【無料】iPhoneやiPadで使えるウイルス対策アプリの紹介

結論としては2つあってそれが下記。

  1. アバスト モバイル セキュリティ
  2. カスペルスキー セーフブラウザ

とりあえず、どちらかのアプリを入れておけば詐欺からは身を守ってくれるので必ず入れましょう。

1. アバスト モバイル セキュリティ

こちらのアプリは、アバストというウイルス対策ソフトの中では有名な会社が作っているアプリで、

  • VPNの登録
  • Wi-Fiの保護
  • メールアドレスの流失チェック
  • 詐欺サイトやメールから守ってくれる

こんな感じに無料とは思えないほどの高機能さがあります。
怪しい詐欺サイトやメールから身を守ってくれるので、とりあえず入れておいて損はないです。

ダウンロードこちら


2. カスペルスキー セーフブラウザ

こちらは先程から何度も登場していた、カスペルスキーという会社のアプリで

  • 怪しいサイトのアクセスをブロック
  • 特定のコンテンツを表示しないように設定できる

こんな感じで詐欺から身を守ってくれる、シンプルな機能があります。とはいえ、こちらのアプリの評価は低いので先程紹介したアバストを入れればOKです。

ダウンロードはこちら

まとめ:iPhoneやiPadはウイルスに感染しないけど、詐欺には引っかかる

本記事のまとめ
  • iPhoneやiPadはウイルスに感染しない
  • ウイルス対策よりも詐欺対策をするべき。無料のアバストorカスペルスキーを入れればOK

iPhone&iPadはウイルスに感染しませんが詐欺に合う可能性があるので心配な方は、どっちのアプリでもいいので無料のウイルス対策アプリを入れて、しっかりと対策しておきましょう。

ゆうが

ちなみにぼくはアバスト モバイル セキュリティを使っています。

補足:無料アプリだと不安な方へ

「とはいえ、無料アプリってあくまでも無料だからなんか心配」こういった疑問もあると思います。

そこでぼくは「定番のセキュリティソフト ノートン 360」をおすすめします。

理由として、ノートン360は個人情報の漏洩を防ぐ「ダークウェブモニタリング機能」がついています。いろいろなウイルス対策ソフトがあるなかノートンだけが独自にこの機能を搭載しているのでかなり優秀です。

万が一変なサイトにアクセスしたとしても通知で知らせてくれます。

ほかにもプライバシー保護機能も豊富なので、詐欺被害も回避できて、iPhone/iPadを安心して使えるようになりますよ。

無料のアプリだと不安だし心配。という方は、こちら『【大満足】ノートン 360のレビューをする。評判や使ってみてのデメリット・メリットも紹介』でノートン 360をレビューしたので、読んでみてください。

ノートン 360評価レビュー | 価格は高いけどそれ以上に価値があるソフトノートン 360評価レビュー | 価格は高いけどそれ以上に価値があるソフト