【データで証明】ウイルス対策はWindows Defenderだけで大丈夫?

【2021年最新】ウイルス対策はWindows Defenderだけで大丈夫?【結論:人による】

こういった方向け
  • Windowsのウイルス対策ソフトはWindows Defenderだけで大丈夫?
  • Windows Defenderよりも、有料版のウイルス対策ソフトを入れるべき?

ゆうが

こういった方は本記事を読めば解決できますよ。

本記事の信頼性

この記事を書いているぼくは、ウイルス対策ソフトの研究機関や専門家の論文や記事を読みあさったり、実際にウイルス対策ソフトを使ってみて比較をしまくっています。
参考:【2021年版】ウイルス対策ソフト5種類を徹底比較した【目的別におすすめも紹介】

パソコンを使っていると、ウイルスに感染しないか不安になりますよね。

しかも、ネットを見てみるとWindows Defenderだけでウイルス対策は十分といわれていたり、それでは不十分だと言われていて「結局どうすればいいの!?」となりますよね。

ですが結論を言ってしまうと、Windows Defenderだけでも大丈夫な人は使い方や人によります。

本記事では、そんなWindows Defenderだけでも大丈夫な人、有料版を買ったほうがいい人をデータに基づいて紹介していきます。

本記事を読んだあとには、自分はWindows Defenderだけで大丈夫なのかを判断できるようになりますよ。

ウイルス対策はWindows Defenderだけで大丈夫?【データで証明】

ウイルス対策はWindows Defenderだけで大丈夫?

結論は、人によりますが、シンプルに大丈夫ではないです。

その理由をデータを用いて解説していきます。

研究機関AV-Comparativesによる評価

研究機関AV-Comparativesによる評価

研究機関のテストMicrosoft – AV-Comparativesで、Windows Defenderは下記のような結果になりました。

AV-Comparativesによる評価(2021年度)
  • ウイルス検出率・・・98.0%
  • マルウェアの誤検知・・・4
  • パフォーマンス・・・重い

ウイルス検出率が98%と低すぎたり、ソフトが重かったりと、正直オワコンです。

検出率が100%じゃないと意味がない

「98%って普通に高いじゃん」と思うかもですが、ウイルス検出率に関しては100%じゃないとほぼ意味ないですよ。理由はシンプルで、100%防げないとウイルスが侵入するから

そもそもWindows10のウイルスは1億1400万も存在します。
Facts & Analyses on the Threat Scenario: The AV-TEST Security Report 2019/2020

つまり、Windows Defenderのように98%防げたとしても残りの2%の、228万ものウイルスが検出されずに侵入するということです。

228万ものウイルスが検出されないのってヤバすぎます。
一瞬でウイルスに感染しますよ。


有料版ウイルス対策ソフトとWindows Defenderを比較

ウイルス対策ソフト名

ESET


ノートン 360


ウイルスバスタークラウド


カスペルスキー
Windows Defender
Windows Defender
Windowsマルウェア対策
ランサムウェア対策
フィッシング対策
ネットバンキングの保護×
迷惑メール対策機能×
保護者監視機能
ID管理機能※1×
検出率100%100%100%100%98.0%
誤検知率022314
動作性(軽さ)超軽い軽い軽い軽い重い

※1 ESET Smart Security Premiumのみ

研究機関のデータを元に作成した、有料版のウイルス対策ソフトとWindows Defenderを比べると上記のような結果になりました。

結論、Windows Defenderだけでは大丈夫ではない

結論、Windows Defenderだけでは大丈夫ではない

Windows Defenderは機能も少なく、検出率も98%と低く、動作性も重くてウイルス対策ソフトとしてはもうダメダメですね。

とはいえ、一部の人はWindows Defenderだけでも大丈夫なので、つぎにそれを紹介します。

Windows Defenderだけ大丈夫な人、有料版を買うべき人

Windows Defenderだけ大丈夫な人、有料版を買うべき人

Windows Defenderだけで大丈夫な人

Windows Defenderだけで大丈夫な人

PC上級者

無料のウイルス対策ソフトだけではカバーしきれない部分(スパムメール対策やネットバンキング保護)をする方法がわかったり、怪しげなURLやサイトの区別ができる人は入れなくて大丈夫です。


有料版ウイルス対策ソフトを買うべき人

有料版ソフトを買うべき人

PCを使って仕事をしている、PCを使っている人

貴重な仕事道具のウイルス対策は絶対にしましょう。本当にウイルス感染して「クレジットカード情報・会社の機密情報・個人情報」が漏えいしたり、盗まれたら遅いです。ぼくも実際にウイルスに感染しかけたので身にしみてわかります。
【2021年版】ウイルス対策ソフト5種類を徹底比較した【目的別におすすめも紹介】

ネットバンキング(ネット銀行)をよく使う人

Windows Defenderにはネットバンキング保護機能がついていないです。そのためネットバンキングをよく使う人にとっては、不正送金の被害にあう確率がかなり高くなります。なので有料版は必ず買うようにしてください。
ネットバンキングを使う人向けのウイルス対策ソフトを紹介【注意点も紹介】

PC初心者

昔の僕みたいにSMSで来たメールのURLをクリックして『うわ!「あなたのPCはウイルス感染しています。」って書いてある。やばい!どうしよう!』となる人は有料版を買いましょう。正常に判断できなくなると簡単に個人情報を盗まれてしまいますよ。
【断言する】パソコン初心者におすすめなウイルス対策ソフトは「ESET」です

ゆうが

それぞれの人に最適なウイルス対策ソフトを紹介しているので、失敗せずにソフトを選べて「ウイルス怖いな」という不安をなくして毎日安心してPCを使えるようになりますよ。

まとめ:Windows Defenderだけでは大丈夫ではない

まとめ:Windows Defenderだけでは大丈夫ではない

本記事のまとめ
  • Windows Defenderは検出率・性能・機能が低すぎる
  • Windows Defenderを使うべき人はPC上級者のみ

今回はWindows Defenderだけでも大丈夫か?についてお話していきました。結論としては「大丈夫ではない」です。

なので、有料版ウイルス対策ソフトを買うべき人に当てはまった方は、悪いことはいいません。有料版を買うことを強くおすすめします。

PCを使って仕事をしている、PCを使っている人向け

ネットバンキング(ネット銀行)をよく使う人向け

PC初心者向け