あなたの大切なPCを守ろう

【2021年最新】おすすめな有料ウイルス対策ソフトは?機能や料金で比較

【2021年最新】MacとWindowsのおすすめ有料ウイルス対策ソフトは?機能や料金で比較

MacとWindowsでウイルス対策がしたいです。無料版のソフトでもいいんですけどなんか有料版のほうがいいって聞いたので、おすすめの有料版ソフトを教えて下さいな。

悩んでる人

ゆうが

こういった疑問に答えます!
こういった方向け
  • MacとWindowsのおすすめ有料ウイルス対策ソフトを知りたい
  • 毎日安心してPCを使いたい
  • 会社の機密情報や大切な情報を漏らしたくない

この記事を書いているぼくは、ウイルス対策ソフトを何十個も比較して「ほんとにこれは良いな」というものだけを厳選しています。

「有料版のソフトでウイルス対策をしたいけど、どういったものがおすすめなの?」と気になりますよね。ほかにも「なんで無料版よりも有料版を買うべきなの?」みたいに思いませんか?

本記事ではそんな疑問に答えつつ、全体的に評価が高く、ぼくが実際に使って良かった有料版のウイルス対策を紹介していきます。

ゆうが

機能や料金で比較しつつ、最終的に何を買えばいいのかも紹介するのでぜひ最後までお読みください。

無料版ウイルス対策ソフトよりも、有料版を買うべき理由

無料版ウイルス対策ソフトよりも、有料版を買うべき理由

結論として、無料版のウイルス対策ソフトでは完全に防げないからです。

なぜ防げないのかというと、そもそもウイルスの感染経路は色々あってそこから感染するから。たとえば下記。

ウイルスの感染経路
  • SMSなどのメールから
  • 怪しいwebサイトから
  • 公共のwi-fiから
  • USBメモリやDVDディスクから
  • ファイル共有ソフト(Googleドライブなど)から

このように、四方八方にウイルスの感染経路はあります。ですが、無料版だと全ての感染経路からPCは守れません。

あくまでも「ウイルスを検出するだけ」
つまり感染しないように防いでくれないのです。

つまり感染しても、無料版なので「ウイルスは検知したんで、あとは自分でなんとかしてね☆」みたいな感じで手厚いサポートも受けれません。

ウイルス対策ソフト会社が、無料版では防げないと言っている

もはや、大手の会社が無料版では防げないと言っています。これはもう「マジか。」って感じですよね。

悪意のある第三者に標的にされた場合などは、単なるアンチウイルス機能だけではその攻撃を防げるものではないのだ。

セキュリティ対策として無料のウイルス対策ソフトは安心して使える?

日々ウイルスはつくられて、感染している人がいる

また、日々新しいウイルスはつくられていて、今日もどこかで感染している人がいるのも事実です。

たとえば、こちらの記事コンピュータウイルス・不正アクセスの届出事例を読んでいただければかなり身近に感じるはずです。

だから無料版よりも、有料版のウイルス対策ソフトを買うべきです。

有料ウイルス対策ソフトの選び方&比較

Mac用の有料ウイルス対策ソフトの選び方&比較

選び方としては4つほどあります。それが下記

選び方のポイント
  1. ウイルス検出率(99%以上か)
  2. サポート対応(対応してくれるか)
  3. 動作性(軽さ)
  4. 料金(安さ)

比較する有料ウイルス対策ソフト

こちらの大手かつ人気なウイルス対策ソフトを比較していきます。それが下記。

比較する有料ウイルス対策ソフト

人気度や個人的なおすすめ度を表にすると下記。

ウイルス対策ソフト人気度おすすめ度
ESET
ノートン 360
ウイルスバスター クラウド
カスペルスキー

※商品画像がないのは著作権的にアウトになってしまうのでスミマセン。m(_ _)m

それではそれぞれの選び方のポイントで比較していきます。
かなり、慎重に厳選しました。

1. ウイルス検出率の比較

1. ウイルス検出率の比較

ウイルス検出率とは、研究機関のテストによってどれだけウイルスを検出できたかの値になります。第三者の客観的な評価なので信頼性はあります。

ウイルス対策ソフトウイルス検出率備考
ESET100%研究機関のVirus Bulletinで「検出率100%」を112と最多受賞。同じくAV-TESTで「Best Usability 2019 Awardirus」を受賞
ノートン 360 99.5% 研究機関のAV-Comparativesで「検出率99.5%」(前回は100%)。同じくSE Labsで最高評価の「AAA」を26回獲得
ウイルスバスター クラウド 100% AV-TESTで「検出率100%」。SE Labsで最高評価の「AAA」を獲得
カスペルスキー 100% AV-TESTで3期連続「検出率100%」。AV-Comparativesでは検出率「99.7%」(前々回は100%)

どれも検出率が平均して100%なので特に差はありませんね。(ノートン 360に関しては平均の値が低いのでちょっと微妙ですが)検出率だけで選ぶならESETが112回も「検出率100%」を達成しているのでおすすめ。


2. サポート対応の比較

2. サポート対応の比較

サポート対応ではわかりやすいよう、通常版だけの比較にしました。

ウイルス対策ソフトサポート対応
ESET電話やメール、24時間自動チャットサポート
ノートン 36024時間チャットサポートと電話対応
ウイルスバスター クラウド電話やメール、LINE、チャットでのサポート
カスペルスキー電話やメール、チャットでのサポート

どのソフトもそこまで変わりないですね。ウイルスバスタークラウドはLINEでの対応もしているので手軽に相談できますね。

ウイルスバスタークラウドに関しては、プレミアム版を購入すると更に周辺機器(プリンターやPCなど)80種類のサポートを受けれます。

3. 動作性の比較

3. 動作性

ウイルス対策ソフト動作性備考
ESET超軽い BCNセキュリティー調査で軽さNo.1
AV-TEST、AV-Comparativesでもトップレベルの軽さ
ノートン 360軽いPassmark Softwareのスピードテストで、13年連続1位
ウイルスバスター クラウド軽いAV-TESTの軽さ操作性で満点を獲得
カスペルスキーやや重いAV-TESTで満点を獲得

使うPCによって動作性は変わりますが、基本的には表の通りになります。とくにESETに関してはどの機関、ユーザーにおいてもっとも軽いといわれているソフトです。カスペルスキーに関しては重いです。


4. 3年版での料金比較

4. 3年版での料金比較

基本的に3年版が無難かつ長期的にみれば1年版より安いので、3年版で比較していきます。

ウイルス対策ソフト3年版の料金利用台数
ESET6,600円(税込)1台
ノートン 36014,480 円(税込)3台※1
ウイルスバスター クラウド13,580(税込)3台※1
カスペルスキー9,147円(税込)1台

※1 1台の場合3年版がないため

ゆうが

割引なども合わせると料金が変わってしまうので、公式ストアから通常購入した場合にしました。

価格ではESETが一番安いですね。ノートンは性能がかなりいいのですがその分価格が高くついてしまいますね。

まとめ:ウイルス対策ソフトは「ESET」で決まり

有料ウイルス対策ソフトは「ESET」で決まり

「じゃあ結局何を買えばいいの?」というと、ぼくの結論ではESETです。
ESETでウイルス対策をする

ウイルス対策ソフトウイルス検出率サポート対応動作性料金
ESET100%電話やメール、24時間自動チャットサポート超軽い6,600円(税込)
ノートン 36099.5%24時間チャットサポートと電話対応軽い14,480 円(税込)
ウイルスバスター クラウド100%電話やメール、LINE、チャットでのサポート軽い13,580(税込)
カスペルスキー100%電話やメール、チャットでのサポートやや重い9,147円(税込)

表を見るからに、ウイルス検出率・サポート対応・動作性・料金すべてでESETが勝っているのがわかると思います。

※ESET公式ストアで買うと最大21%OFFです。
Amazonとかでも買えるんですけど、公式ストアで買ったほうが最大21%OFFの割引されるので、公式ストアで買うほうがかなりお得です。
ESETを21%OFFでお得に購入する

もう一度いいますが、無料版でウイルス対策をするのはほぼ意味がなく、日々感染している人がいるので買わないとほんと損しますよ。会社の機密情報や大切な情報を漏らしたくない、毎日安心してPCを使いたいは買いましょう〜。