【知らないとマズイ】Macにウイルス対策ソフトは不要なのか?→必要です【体験談あり】

【失敗します】Macにウイルス対策ソフトは不要なのか?

こういった方向け
  • Macってウイルス対策ソフトが不要なの?
  • Macがウイルスにかからないっていうのは本当?
  • 結局、Macはウイルス対策ソフトを入れたほうがいいの?

ゆうが

こういった方は本記事を読めばOKです。

本記事の信頼性

この記事を書いているぼくはMac歴1年ほどで、ウイルスやウイルス対策ソフトについて専門家の論文や記事を読みあさっています。その上でソフトを比較しています。
参考:【2021年版】ウイルス対策ソフト5種類を徹底比較した【目的別におすすめも紹介】

「Macはウイルスに感染しないから、ウイルス対策ソフトは不要」とか「Macにはウイルス対策ソフトは必要」こういった意見や記事ってめちゃくちゃありますよね。

ぼくもいろいろなブログ記事や論文をよみあさりましたが「不要だ」とか、「いや、必要だから」といった2つの意見がきれいに別れていました。

ですが結論として、残念なことに、Macでもウイルスには感染します。

Macでもウイルスに感染する理由を、専門家の論文や記事を引用したりぼくの実体験とともに解説していきます。

本記事を読んだあとは、Macを安心安全に使えるような知識が身について、Macを毎日安全に使えるようになりますよ。

Macにウイルス対策ソフトは不要なのか?→必要です

Macにウイルス対策ソフトは不要なのか?

さきほども言いましたが、結論として不要ではないです。むしろ必要です。

理由としては2つあり、それが下記。

  1. Mac向けのウイルスが、2020年から増え続けている
  2. Macが感染したという報告が増えている

それぞれ、専門家の論文や記事を引用して解説していきます。

理由1. Mac向けのウイルスが、2020年から増え続けている

Mac向けのウイルスが、2020年から増え続けている

たとえば、ウイルス対策ソフトの研究機関AV-TESTでは、毎日350,000のウイルスを検出しており、Macのウイルスに関しては、2020年にはなんと「674,649件」と爆発的に増えています。
参考:マルウェアの統計と傾向レポート| AV-TEST

ゆうが

ウイルス対策ソフトの研究と評価をしている機関の結果ですので、かなり信頼性はありますね。

理由2. Macが感染したという報告が増えている

Macが感染したという報告が増えている

ほかにも実際にMacに感染したという人が増えています。たとえばMalwarebytesというウイルス対策ソフトを販売している会社によると「アジアを中心とした多くの国で、感染している」と報告されています。
参考:Mac threat landscape 2020

App Storeからデータが盗まれた

同じくMalwarebytesは、ほかにも下記のように、MacのApp Storeからデータが盗まれたという報告もあります。

最近、Mac AppStoreで懸念される傾向があります。いくつかのセキュリティ研究者は、機密性の高いユーザーデータを収集し、開発者が制御するサーバーにアップロードするさまざまなアプリを独自に発見しました。(これはデータの盗み出し と呼ばれます。)

Mac AppStoreアプリがユーザーデータを盗んでいる

Mac向けのウイルスが近年増加している

また、Kasperskyというウイルス対策ソフトの販売会社も、下記のように感染している報告を発表しています。

Macを標的としたマルウェアが作成・拡散される件数が近年増加しているという報告もあります。ウイルスなどのマルウェアの被害にあう可能性は依然としてWindowsの方が大幅に高いものの、Macでもマルウェアの侵入は起こりうるのです。

Macはウイルスに感染するのか

なので以上のことから、Macもウイルスに感染するのでソフトは必ず入れましょう。

ほかにも調べれば、腐るほどMacもウイルスに感染するという記事はでできます。

僕自身、Macがウイルスに感染しかけた

というか実際にぼくも、ウイルスに感染しかけました。

普通にGoogleで検索して、1ページ目にあった記事にアクセスしたら「ウイルスの脅威から守りました」とたまたま入れていたウイルス対策ソフトから通知がきたんですよね。

ゆうが

まじでびっくりしましたね。もう絶対にウイルス対策ソフトは手放さないと思いました。
というか、この1ページ目にあるっていうのがやばいんですよね。
もう身近にウイルスは潜んでいるってことなんですよ。

だからほんとに、Macにウイルス対策ソフトは必要です。

ただし無料版はNG

「よっしゃ!早速Macにもウイルス対策ソフト入れるぞ!」と思うかもですけど、注意点として無料版は入れないようにしましょう。

理由としては、無料版だとウイルスの検出率が100%ではなかったり機能が少なかったりと、Macをウイルスから完全に守ることができないので無料版は入れないようにしましょう。

こちら『【結論はこれだ!】Mac用のウイルス対策ソフトの比較&おすすめを紹介【データで証明】』で、Mac向けのウイルス対策ソフトを比較しつつおすすめのソフトを紹介しました。

この記事を読めば、失敗せずに安くウイルス対策ソフトを購入することができますよ。

Macがウイルス感染しないようにするべきこと2つ

Macがウイルス感染しないようにするべきこと2つ

Macにウイルス対策ソフトを入れつつ、最低限ウイルスにかからないようにする立ち回りを紹介します。それが下記の2つ

  • パソコンを常に最新の状態にする
  • メールやSMSのリンクをすぐにクリックしない

1. パソコンを常に最新の状態にする

パソコンは必ず最新の状態にしておきましょう。理由としてはパソコン(OS)を最新にしておくだけでも開発元がウイルス対策をしてくれるからです。


2. メールやSMSのリンクをすぐにクリックしない

メールやSMSのリンクは、詐欺に誘導したりウイルスメールの可能性もあるので脊髄反射でリンクをクリックすると、シンプルにウイルスに感染します。

ゆうが

フィッシング詐欺とかも典型的な例ですね。

とはいえ、あくまでも最低限の対策なので、一番はウイルス対策ソフトを入れることが間違いない対策方法です。

まとめ:Macでもウイルスに感染するので、ウイルス対策ソフトを入れよう

まとめ:Macでもウイルスに感染するので、ウイルス対策ソフトを入れよう

本記事のまとめ
  • 「Macは感染しない」は幻想。研究データからもMacが感染することは証明されている
  • Macを感染させたくないなら、ウイルス対策ソフトを必ず入れる

「Macはウイルスに感染しないから」と間違った知識をもっていると、僕みたいに必ず痛い目を見るので、ゼッタイにウイルス対策ソフトは入れるようにしましょう。

シンプルにウイルスに感染すると、会社の機密情報・個人情報・クレジットカード情報などを盗まれて悪用されますよ?

なのでMacにはウイルス対策ソフトを入れるようにしましょう。

今のウイルス対策ソフトは高性能なのに安いのもあって本当にいい時代になりましたね。
【結論はこれだ!】Mac用のウイルス対策ソフトの比較&おすすめを紹介【データで証明】

徹底的に比較して、目的にあったソフトを知りたい人へ

失敗することなく、自分に最適なソフトを知りたい方は、こちら『【2021年版】ウイルス対策ソフト5種類を徹底比較した【目的別におすすめも紹介】』をお読みいただければ、失敗することなくウイルス対策ができるようになります。

それでは今回は以上です!
記事が参考になれば幸いです。

最後まで見てくださり、ありがとうございました。